記事一覧

まだ民主党は解散を諦めていなかった

2月4日(月)
 昨日は思わぬ大雪が降りました。その大雪の中、後援会の新春の集いを開きました。殆ど一日中雪が降っていましたので、会場までたどり着けないのではないかと心配しましたが、雪をついてたくさんの方に出席してもらいました。
 前半では山岡賢次民主党国会対策委員長に講演をしてもらいました。どういう戦略で解散に追い込むのか、有権者の皆様がもっとも知りたい質問に答えてもらいました。山岡さんによると、今回、議長裁定を受け入れたのは、この時点で問責決議案を可決しても、解散に追い込めないという読みがあったそうです。
 すなわち、今回自民党は内閣提出ではなく姑息にも議員立法で暫定税率の延長法案を出してきました。我が方が延長法案を強行採決したということで福田総理の問責決議案を出しても、福田総理は、議員立法に内閣総理大臣が責任を問われるいわれはないと、無視するというのが一つ。
 もう一つ、自民党内には福田内閣では選挙は戦えないという不安がある。そこで民主党に問責決議案を可決させ、解散ではなく福田内閣を総辞職させてしまうという勢力がいたそうです。そうして、新しい内閣で、またしばらく国民の目を逸らすことによって、結局、解散は遠のかさせてしまうという恐れもあったそうです。
 いずれにせよ、山岡さんによれば、これで暫定税率廃止を諦めてしまった訳ではなく、徹底的に国会で論議をし、国民の世論を受けて、やはり暫定税率廃止しかないという方向に持っていく。そして参議院で堂々と暫定税率存続反対を議決する。それを衆議院で再び3分の2の多数で再可決を福田内閣がすれば、その時にきちんと問責決議案を可決し、一気に解散に追い込むというのが基本的な戦略ということです。是非、そうなってほしいと願うのみです。
 ところで、地元で新春の集いを開いたのは今回が初めてでした。事務所で忘年会とか夏のビアパーティは開いていますが、商工会議所の大会議室を借りて、一体何人が来てくれるのかが不安でした。しかし、大雪にもかかわらず100数十人の方が参加してくれ、ほっと胸を撫で下ろしているところです。

ファイル 86-1.jpg ファイル 86-2.jpg
山岡国対委員長の講演

ファイル 86-3.jpg ファイル 86-4.jpg
新春の集いパーティ

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー