記事一覧

国民の命を守ることが政治の仕事だ

12月25日(火)
 福田総理は自分の支持率が下がって、ようやく薬害C型肝炎被害者の救済に乗り出しました。支持率が下がらなければ、恐らく、そのまま「司法の判断に任せる」と知らぬ存ぜぬを決め込んだはずです。政治のもっとも大事な仕事は国民の命を守ることですが、福田さんには、そうした考えはないようです。
 また、厚生労働省の責任についても最初は「そこまで踏み込めないのでは」というニュアンスでしたが、これも患者さんから指摘されてようやく、責任問題まで踏み込んだという有様です。本当に情けない総理です。
 薬害エイズに続いて、薬害C型肝炎を引き起こした厚生労働省の責任は重大です。きちんと当時の幹部の責任を明らかにしなければいけません。また、当時の大臣の監督責任も厳しく問わなければなりません。
 国民の命を守る厚生労働省が、薬害をもたらし、かつ国民の命の綱ともいえる年金を行方不明にさせたのでは、存在する意味がありません。私たちが政権をとったら厚生労働省を解体するくらいの意気込みで、再生しなければいけません。
 今日も朝、松戸駅で駅立ちをしてきましたが、さすがにクリスマスということもあって、残念ながら、反応はいまいちでした。駅立ちは、年内、あと一回やるつもりです。また、31日には恒例になっています、年末のお礼を街宣車で行う予定です。
ファイル 71-1.jpg 朝立ち(松戸駅)

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー