記事一覧

世論調査では既に政権交代

12月21日(金)
 ついにと言うべきか、福田内閣の支持率が朝日新聞の世論調査によると31%にまで下落し、支持と不支持が逆転いたしました。国民のほうを全く向いていないことが記者会見で明らかになったことが、支持率急落につながっているものと想像されます。
 内閣支持率が30%を切ると危険水域といわれていますが、年内にもこの危険水域を突破するのは確実です。
 同じ世論調査によると、いま選挙をすれば民主党に入れるという人が自民党を上回りました。また、自民党中心の政権よりも民主党中心の政権のほうが望ましいという結果もでています。世論調査的には既に政権交代は実現しているということでしょうか。
 問題は、選挙をしたくない自民党をどう追い込んで解散に持っていくかです。世論の動向もさることながら民主党の手腕が問われます。幸い、会期は来年1月15日まであります。じっくりと策を練って、臨時国会の終盤、そして1月18日から始まる通常国会に備えてほしいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー