記事一覧

命に反応が鈍い福田政権

12月20日(木)
 薬害C型肝炎患者が求めていた一律全員救済の願いを、福田総理はにべもなく踏みにじりました。国の責任を認めず、お金だけはくれてやろうという態度が見え見えです。国と製薬会社の責任でC型肝炎になったことは誰もが認めるところです。それなのに、国の責任だけは絶対に認めないという厚生労働省を説得することすらできないとは、本当に情けない限りです。
 体調の悪い中、長期にわたって政府に対して政治決断を求めてきた患者の皆様の落胆はいかばかりです。高裁の和解案を拒否すると発表しましたが、そうなればこれから先、また長期の裁判闘争を戦わなければなりません。体力も資力も残っていない患者さんにこんなことを強いる政治が許されるのでしょうか。
 命に線引きを許さないという患者さんのまっとうな要求に民主党は政権をとったら直ちに応えなければなりません。ここでも政権交代しか問題を解決することができないことが明らかになりました。
 年金の問題といい、C型肝炎の問題といい、福田さんには全て人ごとのようです。国民の立場にたってものを考えられない人は総理失格です。
 銃規制についても福田総理は「日本の銃規制は世界でもっとも厳しい」だから、規制を強化する必要はないとコメントしています。
 銃の規制に問題があったから事件が起きているのに、問題ないと言い切ってしまう神経がわかりません。佐世保の例など明らかに規制が甘かったから事件がおきました。それにもかかわらず、何もしないのは怠慢以外の何ものでもありません。
 銃の使用は競技と狩猟に限られます。そうであれば、競技用は競技場に、狩猟用は最寄の警察に普段は預けておき、必要な時に受け取るようにする、こうするだけでも、銃による事件は随分防げるはずです。
 また、最近警察官の銃による事件も相次いでいます。よく新聞に中国の武装警官という言葉が出てきます。何か物騒な警官が中国にはいるように響きますが、実は中国では交通警官などは銃を所持していないので、銃を持っている警官を武装警官と呼んでいます。日本でも交通警官などは銃を所持する必要はないと思います。また、常時、銃を所持する必要があるのかどうかも検討する時期に来ているのではないでしょうか。
 米国では銃の所持が広く認められているために悲惨な事件が相次いで起こっています。一度、所持を許してしまえば、それを再度規制するのは難しい話です。日本もそうならないために、規制をきちんとしなければいけません。

ファイル 69-1.jpg昨日の松戸駅にての朝立ち

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー