記事一覧

連立の話はもう終わりにしてほしい

11月20日(火)
 昨日、一昨日と新潟県新津市のJR車両工場を見学してきました。中央線と常磐線の車両を作っている工場で、いつも乗っている車両が、作られていく工程をつぶさに見てきました。私たちが乗っている車両で目にするものは座席とか窓とか天井ですが、それはほんの一部で、床の下や天井の上などに実に多くの装置が装備されていることがよくわかりました。日本の製造業はまだまだ大丈夫だという感想を持ちました。
 上越新幹線を利用したのですが、行きは紅葉の中を、帰りは一面の銀世界の中を帰ってきました。たった一日で秋から真冬に一変してしまいました。これも異常気象のなせるわざでしょうか。地元の人も初雪がこれほどの積雪になるのは初めてだと驚いていました。
 驚くといったら、防衛省をめぐる疑惑も、さらに奥深くまで浸透していることが次第に明らかになってきました。額賀財務大臣は口利き疑惑まで指摘されています。ロッキード事件は米国発でしたが、防衛省の疑惑に米国がどのように絡んでいるのでしょうか。大きな事件になりそうな予感がします。
 小沢代表が朝日新聞やフジテレビなどで連立は正しかったとの発言をしています。せっかく、大連立はしないということで地元の人にお詫びをしてきたのに、代表が、また、連立は正しかったというのでは、かえって不信を招きます。党で決めたことは守らなければならないといった当人が、それを破っては、やはりいけないと思います。
 大阪の市長選に勝利するなど、民主党に対する期待は大きいのですから、ここは以前に戻るのではなく、一日も早く、解散総選挙に追い込んでほしいものです

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー