記事一覧

民主党頑張れとの多数の声を頂きました

11月12日(月) 
 昨日は市川、松戸市の計9箇所で街頭演説を行ってきました。また今日も早朝、八柱駅で駅立ちをしました。
 演説の内容はまず、一連の連立騒動によって、皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを詫びることからはじめました。ついで民主党は原点に立ち戻って正々堂々と選挙によって政権交代をめざす、きちんと参議院で民主党案を成立させ、与党に対応を迫っていく、すでに年金流用禁止法案などが参議院から衆議院に送られていることなどを説明しました。
 これまであまり触れてこなかったのですが、農業者所得保障法についても触れました。食の安全と自然環境を守るために農業の振興が欠かせない、しかし、生産者価格が市場価格を上回っている現状では、農業に従事したくてもできない。先進工業国では農家に対する補助をして農業を守っている。日本も農業を大事にするために思い切った援助を行うべきだ。農業だけでなく、林業や漁業など一次産業を守ることが日本の自然を守ることにつながり、温暖化防止にも役立つと、訴えました。
 注目のテロ特新法については、テロをなくすためには根本である貧困を無くさなくてはいけない、そのために民主党はアフガン支援法案を提出し、アフガンの民生安定に寄与することがもっともいい方法だと考えたと説明しました。
 連立を模索することは夏の参議院選挙の結果を無視するものでしたし、小沢代表が一度辞意を表明し、すぐに撤回したことは政治家として誇れることではなかったので、厳しい反応を予想していました。しかし、そうした私の思い込みとは逆に、頑張れという励ましの言葉を多く聞きました。参議院選挙の後、いい反応を依然として維持していることに逆に私のほうがびっくりしました。
 連立報道によって混乱はありましたが、その後、全党が結束してことの収拾に当たったことがよかったのではないでしょうか。まず、きちんと経過を説明し、民主党がめざしている改革は政権交代によってしか達成することができないことを愚直に訴えていけば、展望は見出せる気がしました。それだけ、自民党政治に対する不満が大きいことの表れだと思います。


ファイル 56-1.jpg
日曜街宣
市川駅(左上)本八幡駅(右上)南大野マンション郡(左下)五香イトーヨーカ堂前(右下)
ファイル 56-2.jpg
日曜街宣
常盤平西友前(左上)八柱駅(右上)松戸駅西口(左下)松戸伊勢丹前(右下)
ファイル 56-3.jpg
日曜街宣
松戸駅東口デッキ上

ファイル 56-4.jpg
朝立ち・八柱駅

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー