記事一覧

もう安心してください

11月9日(金)
 一昨日の小沢代表の両院議員懇談会での話を聞きました。はっきりと大連立を否定し、選挙によって政権交代をめざすことが確認できてよかったと思います。
 小沢代表の真意は、参議院で第一党になったのだから、少しでもマニフェストで約束した政策を実現したい、そのためには与党と政策協議をする必要がある、いくつかでも民主党の政策を政策協議によって実現できれば、それが民主党の政権担当能力を証明することになる、と考えていたようです。
 大連立という言葉が一人歩きしてしまった感があります。小沢代表が考えていたのはあくまで次の選挙までの間、政策協議をするという意味で、そのあと、再びきちんとマニフェストを作り、二大政党で選挙をするということです。
 仮に大連立の話がでるとしても、それは次の総選挙を終わってからの話です。民主党が次の総選挙で比較第一党になれば、自民党は政権を譲ると思います。そうならず、かつ、与党がいまのように3分の2の多数を取れなかったときは、連立も一つの選択肢になると思います。しかし、それもこれも全て総選挙が終わってからです。総選挙で国民がどんな判断を下すのか、それがもっとも大事な点です。
 昨日の夜、石井一さんのパーティがあり、小沢代表と会いました。あまり元気がなかったことは確かです。あれだけ騒がれたのですから、疲れたのだと思います。代表の座に返り咲いたからには、両院議員懇談会で表明したように、命がけで政権取りに邁進してもらいたいと思います。
 昨日の午前中は、参議院の北沢俊美外交安保委員長と会い、証人喚問の件で情報交換してきました。 
 証人喚問の焦点は次の二点です。まず一点目はGEの代理店が山田洋行から日本ミライズに変わったことに守屋前事務次官がどのようにかかわったのか。さらに次期主力戦闘機がF22からF18に代わった。F18のエンジンはGEが製造しています。これに守屋前事務次官がどのようにかかわったのかです。いずれもかかわっていれば収賄事件に発展するだけに証人喚問で事実を解明してほしいと思います。ここで民主党が存在感を示すことができれば、元気がでるでしょう。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー