記事一覧

大連立ではなく総選挙だ

11月4日(日)
 一昨日、大連立の話が唐突にニュースとして流れました。私も一瞬耳を疑いました。選挙で政権交代を目指すというのが民主党の党是で、それに向けてみんなが一生懸命になっているときに、政権交代の相手である自民党と連立を組むことなど考えられませんし、そんなことをしたら国民を裏切ることになります。役員会が直ちに拒否をしたのは当然です。
 私もニュースを見てすぐに岡田元代表と赤松選対委員長に、大連立など絶対受け入れてはだめだと電話しました。二人ともそのとおりだと、明確に答えてくれ、実際、党内では一人も大連立を支持する人がいなかったと聞いて安心しました。マスコミでは大連立に第二、第三の幕があるかのように面白く伝えていますが、民主党内にはそんな話に続きがあると思っている人はいません。
 しかし、どうしてこんな話が出てきたのでしょうか。国会運営に行き詰った自民党が苦し紛れに、民主党に投げかけたくせ球に、小沢代表も自分の念願の国際貢献のために自衛隊を国連の決議のもとに海外に出す恒久法を作るためだったらと、一瞬迷ってしまったというのが真相のように思えます。
 冷静に考えれば小選挙区制の下で第一党と第二党が連立するなど考えられません。大連立が成立してしまえば、自民党と民主党が候補者を決定した段階で、すべてが終わってしまい、国民が事実上選挙をする意味がなくなってしまいます。これでは民主主義は死んでしまいます。あくまで、与野党が政策を出し合って国民の皆様に選択をしてもらうというのが大原則です。そこを踏み外してしまったら、お終いです。
 マスコミは衆参のねじれ現象といいます。しかし、この言葉は国民をばかにした言葉です。あたかも国民が判断を誤ってねじれをうんでしまったかのような印象を与えます。先の参議院選挙は自民党政治に対する明確なノーを国民が突き付けた結果であり、衆議院を解散して民主党が政権を取ればたちどころにねじれは解消されます。まず、自民党がやらなければならないことは、ねじれを解消したいのであれば、国民に支持されるような政策を出し、堂々と解散総選挙を行うことです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー