記事一覧

残念ながらどう見ても密室会談だ

10月31日(水)
 証人喚問で疑惑が深まり、さあ攻勢をと思った途端、昨日、急に福田総理と小沢代表の党首会談が行われました。本来であれば、今日、党首討論を国会でやることになっていただけに、なぜ、このタイミングで、密室で党首会談を行うのか誰もが疑問に思ったはずです。
 これまで小沢代表は自民党との協議は全て国会で国民の目の前で行うといってきたことにも、今回のことは反します。いろいろな憶測を生まない政治こそが、国民に開かれた政治であるはずで、私としても意図が何であったのか、明らかにならない限り、なかなか納得できません。
 この時期ですから話す内容の中心は新テロ特措法です。福田総理のほうから、新法を通してくれれば、衆院の解散総選挙に応ずるという呼びかけをしたと考えるのが普通です。しかし、小沢さんが新法に賛成するはずがないことは自明のことですから、もう一つひねって、新法に反対はしょうがないが、衆議院に送って3分の2の多数で可決させてほしい、そうすれば解散に応ずると呼びかけたのではないでしょうか。
 仮に衆議院で再可決をしようとすれば、民主党は参議院に福田総理の問責決議案を提出し、可決させます。そうなると混乱の中で解散総選挙せざるを得ません。それを避けて、いわば話し合い解散を福田総理が呼びかけたというわけです。これは一考する余地があるということで、金曜日に再度、会談をすることになったと私は考えています。
 一部の新聞では大連立を呼びかけたのではないかとの説もありましたが、それはありえません。小沢さんも私も政権交代がもっとも大事で、政権交代なしには本当の改革はありえないと考えています。せっかく政権交代が見えてきたのに、ここでみすみす大連立など模索するはずはありません。
 いずれにせよ、あまり民主党のイメージを高めることにはつながらないと思います。密室政治とは自民党に相応しい言葉で民主党からはもっとも遠い言葉です。そういう政治手法をとらないというのが、いわば民主党の党是でした。かつて小沢さんが宮沢さんら総理候補を自民党本部に呼びつけて面接をしたことがありましたが、あの場面を思い出した人も多いのではないでしょうか。新生小沢さんにとっても、決してプラスにはならないと思います。
 そうはいっても船は出てしまいました。金曜日にどんな結論がでるのか、あるいはでないのか、注目です。

ファイル 51-1.jpg ファイル 51-2.jpg
昨日の朝立ち・松戸駅

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー