記事一覧

更なる真相解明が必要だ

10月29日(月)
 守屋前事務次官に対する証人喚問が今日午後行われました。山田洋行側とミライズ側から接待があったことは認めましたが、それに関連して山田洋行側やミライズ側に便宜供与をしたことは一切認めませんでした。また、給油量のごまかしについても、自分は一切知らなかったで通しました。さらに、沖縄の米軍基地移転問題についても、関与を否定しました。
 証人喚問は決定的な材料をもっていないとうまくいきません。私も証人喚問で質問したことがありますが、独自ネタの入手に苦労しました。もっとも役立つのが内部情報ですが、今回は防衛省内部からの情報は残念ながらなかったようです。
 そうなると、我々が注目するのは証人の表情や仕草でいっていることが本当のことなのか、嘘なのかを判断するしかありません。
 今回、証人が動揺したのは、山田洋行の宮崎元専務(当時、現在ミライズ社長)とGEの幹部と会ったときにどんな話があったのかと質問されたときと、政治家が宮崎との会合に出席したのかと質問されたときでした。GEとの密約や政治家が絡んでいたとしたら、大きな疑惑に発展します。そこだけは阻止しなければならないという意思だけは強く伝わってきました。
 最終的には守屋前事務次官は記憶にないを連発し、真相解明に協力をしませんでした。証人喚問によって疑惑は一層深まりました。したがって、今後、参議院やテロ特の委員会で徹底した追及をしてもらいたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー