記事一覧

長期政権が官僚を腐敗させた

10月26日(金)
 29日に守屋前防衛事務次官の証人喚問が行われます。焦点は山田洋行の宮崎前専務が守屋前事務次官を何の目的で接待したのかという点と、守屋前事務次官がCX輸送機とF18戦闘機の調達にどう関連してきたのか、その際に金銭の授受があったのかどうかが、最大の焦点となります。
 このほか、飛行機にエンジンを供給するGEの代理店がどうして山田洋行からミライズに移ったのか、代理店が変わったことによってエンジン価格に変化があったのかどうか、久間元防衛庁長官以外に前専務から接待を受けた政治家がいたのかどうか、それら政治家が防衛庁の調達にどう動いたのかという点などが焦点となります。
 証人喚問は与党が反対して参考人招致に変わってしまうことがこれまで多くありました。参考人ならば嘘を言っても罪には問われませんが、証人喚問で嘘を言えば偽証罪となります。これがあるのとないのではえらい違いです。証人喚問が実現したのも参議院で民主が多数を占めているからに他なりません。
 防衛庁の予算は4兆8000億円と国家予算の約6%を占めます。前次官や政治家が関係してこれらの予算が不適切に使われたとしたら大問題です。徹底的に真相を解明しなければなりません。民主党の責任は重大です。
 防衛省も酷いですが、厚生労働省も酷いものです。C型肝炎に感染している恐れがある患者の情報を製薬会社から入手しておきながら、長年にわたって放置してきたとのことです。第二の薬害エイズといっても過言ではありません。薬害エイズであれだけ批判されたにもかかわらず全く隠蔽体質が変わっていなかったことに唖然とします。
 国民の命を守る立場の厚生労働省が、それと全く逆のことを何回も繰り返しているのですから、解体的出直しをさせるしかありません。年金の問題もありますし、上層部を全員変える必要があります。政権交代ができれば民主党は断固としてこれを実行します。 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー