記事一覧

福田“暫定“内閣の誕生

9月25日(火)
 23日に地元のお祭りがありました。私の地元は神社がありませんので、町内会が中心となって神輿を担ぐことになっています。大人神輿と子供神輿がでるのですが、毎年担ぎ手不足に悩まされていました。しかし、今年は青年部の人が増えて、神輿前列を地元勢で分担することができました。
 青年部の方と夜、話をしましたが、みんなそれぞれの出身の地方で祭りを経験していた人ばかりでした。それぞれの地方には特色のある祭りが残されており、そこに参加した子供のころの経験が郷土の誇りにもなっているようでした。郷土を愛する心は学校で教えるものではなく、地方でのこうした活動から自然と育まれるものです。
 今日で総理を辞めた安倍さんは学校で道徳を教科にしようとしていました。仕事を途中で無責任に投げ出すような人が、道徳を学校で教えるべきだといっていたのです。もしそれが実現していたら、もっともしてはいけない例として、今回の辞任劇が取り上げられていたかもしれません。
 そんなこんなで今日、福田新総理が誕生しました。本来であれば、あんな安倍総裁を選んでしまった自民党に政権担当能力はないということで、下野を論じなければいけないところ、マスコミのチェック能力のなさで、またまた自民党内の政権たらいまわしを許してしまいました。
 マスコミは福田新政権にこんなことを期待したい旨の記事を書いていますが、福田内閣はあくまで次の総選挙までの暫定内閣、選挙管理内閣で、本格的に政策を論じるのは、総選挙が終わった後です。
 いま消費税の問題とか年金の本格的な改革について論じても始まりません。大事なことは、参議院選挙後の混乱と政治不信をまず解消するための選挙を速やかに実施し、財政再建や社会保障改革をじっくりと論じられる環境を作ることです。総選挙を実施しないままに、それらを論じても結局、中途半端に終わって、またもう一度最初からやり直さなければならなくなってしまいます。
 昨日は市民フォーラムを行いました。毎月だいたい第三か第四日曜日に事務所会議室で行っていますので、どうかお気軽にご参加下さい。

ファイル 40-1.jpg ファイル 40-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー