記事一覧

久間さん、辞めれば済む話ではない

 安倍内閣の支持率低下に歯止めがかかりません。朝日新聞では支持率が28%にまで落ち込みました。毎日新聞や日経新聞では不支持が5割を超えました。まさに政権末期といった感がします。それもそのはずで、最終国会では強行採決に次ぐ強行採決、さらに追い討ちをかけるように久間防衛大臣の酷い発言が出てきました。
 多数を占めた党が強行採決でモノを決めるというのでは、選挙で結果がでた時点で、全て多数党がやりたいようにやっていいということになり、民主主義が成り立ちません。議論を尽くして、少数意見もしっかりと聞き、それを踏まえてよりいいように修正して法案を通すというのが民主主義です。安倍さんはそのことをどうも理解していないようです。sanndaru激安
シュプリーム コピー
vetements コピー
supreme 激安
vetements スーパーコピー
シュプリーム スーパーコピー
ハリウッド映画 腕時計
シュプリーム ヴィトン 財布 偽物
バレンシアガ 財布コピー
バレンシアガ コート スーパーコピー

スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー

ジバンシー 財布コピー
シャネル コート コピー
モスキーノパーカー スーパーコピー
ヴェトモン スニーカーコピー
ヴェトモン パーカーコピー
ヴェトモン キャップ コピー
カルティエ 時計コピー
ブライトリングスーパーコピー
ルイヴィトン歌舞伎コピー
ブルガリ時計コピー
ウブロスーパーコピー
 一方、久間さんですが、こちらも困ったものです。久間さんは以前、一緒にテレビで討論したこともありますし、それほどおかしな人とは思っていませんでしたが、あんな発言をするとは驚きました。
 発言の趣旨は原爆投下によってソ連の日本侵攻が防げたのだから、結果として原爆投下はやむをえなかったというものです。この考え方でいけば、北朝鮮が核開発をするのも、米国からの攻撃を防ぐためでやむをえないということになってしまいます。
 唯一の被爆国としてどんな理由があろうとも原爆の使用は許さない、核廃絶をめざして世界に発信し続けるのが日本であるという、全国民が共有している考え方をいとも簡単に防衛大臣が否定するのではどうしようもありません。
 安倍内閣の末期症状がここにも現れているようです。国民の信任を得ていない内閣なのに無理を重ねている、それがこんな結果になっているのでしょう。こうなれば一日も早く辞めてもらうしかありません。安倍さんと同じような考え方をもった麻生さんが総理になったのでは何も変わりません。やはり、政権交代しかありません。
 午後になって久間防衛大臣が辞任しました。野党の辞任要求に対して、「あんなものはたいしたことない」といっていたのに、急に辞めたのは公明党の意向があったからに他なりません。どこを見ている内閣かよく分かります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー