記事一覧

偉大な政治家がまたお亡くなりに

 昨日、宮澤喜一元首相が亡くなりました。憲法改正が論議されている最中に9条をしっかり守らなければいけないという信念をもったリベラルな政治家がいなくなったことは非常に残念です。
 今日の日経新聞の朝刊2面に田勢康弘さんが宮澤さんのことについて次のように書いていました。『宮沢喜一氏ほど対話の相手を緊張させる人はいない。(中略)初めて名刺をさした出した三十数年前、「十月八日、誕生日が同じなんですよ」と興奮気味に持ちかけた私に、大きなソファの前のほうにちょっとだけお尻を乗せた格好の宮沢氏は首を少しかしげながら、こう言い放った。「それが、何か?」(中略)
 この身もふたもないというところがこの人のたまらない魅力なのである。世辞をいわない、いいかげんに人をほめたりしない。(後略)』
 実はその滅多に褒めない宮澤さんから私は褒められたことがありました。宮澤さんが大蔵大臣をしていた時のことです。私はずっと予算委員会の委員でしたのでいつも予算委員会には出席していました。大蔵大臣の宮澤さんももちろん予算委員会には必ず出席していました。確か前日に財政再建について私は総理質問をしました。すると、次の日、予算委員会が始まる前に、宮澤さんが私の席にわざわざやってきて「昨日の質問は大変良かったですね」といって、また自分の席に戻っていきました。
 当時は、野党の質問が与党の大臣からほめられるようでは、まだまだだなと思いましたが、それを見ていたベテラン議員が、宮澤さんがわざわざ野党議員の質問者に声をかけるのを初めて見たといわれました。
 私の質問が本当に良かったかどうか今では覚えていませんが、博識で常に冷静だった宮澤さんに褒められたことは、励みになりました。
 後藤田さん既に亡く、今度は宮澤さんです。日本の知性とも言える政治家がいなくなり、ものを全く知らない安倍さんのような人ばかりになったら日本は一体どうなってしまうのでしょう。とても両先輩議員には及びませんが、筋を通す政治家でありたいと思っています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー