記事一覧

衆議院本会議で年金時効特例法案が強行採決

 昨日、衆議院本会議で年金時効特例法案が強行採決されました。持ち主が分からない宙に浮いた年金が5000万件以上もあるという異常事態が発覚し、国民の誰もが不安を抱いている中、その不安を解消することなく、バレンシアガ 財布コピーひたすらこの問題に早く幕引きをしたいというだけで、たった4時間の審議で法案を通してしまう安倍内閣の姿勢に呆れてしまいます。
 年金を支払ったかどうかを第三者機関が判定するとしていますが、どんな基準で判定するのかという最も肝心な部分がはっきりしていません。また、一年以内に、5000万件全てを調査すると安倍総理は言っていますが、社会保険庁を解体するといっている中で、誰が、どのように調査するのか詳細が明らかになっていません。
 さらに重要なことは、社保庁が間違いを本人に知らせてくれるのではなく、あくまで本人が間違っていると申請して初めて訂正の可能性がでてくるという点です。バレンシアガ コート スーパーコピー強制的に年金に加入させておきながら、訂正は本人が自分でやれというのは全く理解できません。
 このほかにも議員立法で、政府が直接答弁しないなど、この法案は問題だらけです。それにもかかわらず成立を急いだのは、どう見ても参議院選挙前にとりあえず、口約束だけでもしておかなくてはという政府の姿勢が見え見えです。国民をだますこのやり方に憤りを覚えるのは私だけでしょうか。
 実際には5095万件の不明年金記録があるといいます。内訳は、既に年金を受給している人の分が2880万件あるといわれています。したがって、最大3000万人近い人が実際の年金より少なく受け取っている可能性があるということです。政府の責任できちんと調査をし、私たちが払った年金ですから、きちんと政府の責任で、本人の申請抜きに処理するべきです。また、歴代の社会保険庁や厚生労働省の責任を明らかにしなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー