記事一覧

もう解散しかない

7月21日(金)

 もう、本当にいい加減にしてほしいと、思っている人がほとんどではないでしょうか。

 不祥事を巡って、新たな文書や事実が明らかになる、すると当事者である自民党の大臣が即座にそれを否定する、官房長官も大臣が言っているのだから、そちらが正しい、と決まり文句をコメントする、こんなことが続いています。

 まず、加計学園を巡っては、加計学園ありきだったことは、誰もが認めているとことですが、さらに追い討ちをする資料が獣医師会から発表されました。

獣医学会と山本大臣との面会記録です。加計学園と決まる3か月以上も前に、加計学園が、建築費の約半分を負担し、愛媛県と今治市が、これこれの額を負担するから資金面の心配はない、と山本大臣が説明をした文書です。

誰が見ても、加計学園が愛媛県に作る獣医学部の説明を大臣がしているとしか考えられません。

 それでも、山本大臣は獣医師会側が、かってに加計ありきで考えていて、あんな文書になったと開き直りました。もともと山本さんは変わりものでしたが、今度は“安倍命”に主旨替えしたようです。呆れてものも言えません。

一方、稲田大臣の方は、南スーダンに派遣した自衛隊の“戦闘”報告を巡って、なかったことにしょうとした協議に参加していたにも関わらす、これまでウソの答弁を国会でしたり、記者会見で発言してきました。

内部監査で、一方的に悪者された陸自が反発し、実際には防衛相執行部の判断で、なかったことにされたことをリークしました。

大臣の資質のない人と言えば、それまでですが、もともと総理の資質のない人が総理になって指名したのだから、もっとどうしょうもありません。

 安倍政権は、民間人と役人が言ったことはウソで、大臣が言ったことは真実だと言い続けています。「あんな人たちに負ける訳にはいかない」と、安倍さんは都議選期間中叫びましたが、いまでも、自分に都合の悪いことを言う人たちには、負ける訳にはいかないと思っているようです。

 恐らく来週の閉会中審査でも、官邸側は同じ主張を繰り返すはずです。結局、真相は明らかにならず、国民のイライラはつのるばかりです。

 この状態を脱するには総選挙をして一から出直すしか方法はありません。民進党も腹を決めて、解散総選挙を要求するべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ちば6区「市民の願いを語る会」に出席しました。

ファイル 808-1.jpgファイル 808-2.jpg

7月16日(日)

本日、「市民の願いを語る会」に出席しました。市民の皆さんの意見を聞くいい機会でした。

一層疑惑が深まった

7月10日(月)

 今日は国会で参考人招致がありました。

 前川前事務次官と政府側の言い分とが真っ向から違っていました。テレビ中継を見ていれば、どちらが真実を言っているかは、一目瞭然です。

 何より、前川さんはウソをいう必要がありません。一方、政府側は安倍総理に責任が及ばないようにとウソをいう理由があります。

 当事者の総理がいない参考人招致でしたが、疑惑は更に深まりました。

 この期に及んでも、総理は国会に出てきたくないようです。

 しかし、こんな逃げ回っていたら支持率は下がるばかりです。今日の新聞によれば、読売新聞でさえ、支持と不支持が逆転しました。支持は36%、不支持は52%でした。朝日は支持33%、不支持47%でした。

 大事なことはこの傾向を維持することです。このまま支持率が下がり続ければ、安倍政権は終わりです。つまり、とりあえず、安倍政権の悪夢から解放されます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nify.ne.jp」まで

悪い冗談のような安倍政治、もはや末期症状か

7月8日(土)

 変なことが続いています。あの国民を全く無視して政府擁護の発言を繰り返してきた佐川某が、なんと、国税庁長官になりました。

 国民の財産である国有地をただ同然で当時の総理夫人の友人に譲ろうとした人間が、こともあろうに、国民から税金を集めるトップになろうとは、今日の新聞の投書に出ていましたが、ブラックジョーク以外の何ものでもありません。

 公務員は全ての国民に奉仕しなければいけないのに、安倍政権擁護にだけ全力を上げていた人間が、論功行賞で出世する。公務員全体の悪い見本です。こんな人間しか出世できないと分かれば、公務員全体の質が劣化します。

 一方、国民もこれでは真面目に税金を納めるのが嫌になります。納税を拒否する人が続出するのではないでしょうか。

 稲田のことは書きたくもありませんが、また、九州で大災害が発生している最中、政務といっていますが、恐らく支持者と昼食を食べに行ったのでしょう、1時間以上も防衛省を空けました。これでも辞めさせないのですから、常軌を逸しています。

 安倍さんは得意の外交のようですが、一体、あの親ロ外交はどうなったのでしょうか。結局はプーチンの北方領土開発の手伝いをさせられただけで終わったようです。

 「こんな人たちには負けない」発言は一部の勢力が仕掛けたものという発言に「いいね」を押している総理夫人は、今度もようもないのに首相に同行しました。秘書が5人もついていて、税金もかかっているのですから、一体、何をしてきたのか、明らかにしてほしいものです。

 明後日には参考人招致が行われますが、疑惑の中心の総理が出席しません。こんなことでお茶を濁そうとしているのでしょうか。出席を拒否し続けるということは、それだけ疑惑の闇が深いということです。

 参考人招致の後、すぐに臨時国会を開いて、徹底的に追及するべきです。安倍さんの方は内閣改造で逃げ切りを図ろうとしていますが、そんなことを許してはいけません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

友達しか見ていない安倍政治

7月4日(火)

 昨日の安倍総理の記者会見の表情は暗かった。疲れて、気力もなく、このまま引退を表明するのではと思ったほどです。

 しかし、今日になったらまた元気を取り戻した。まさに安倍さんにとって北朝鮮は絶妙のタイミングで助け舟をだす存在のようです。

 要もないのにまたミサイルを発射し、本来なら今日も引き続き、安倍政権の敗北責任が最大のニュースだったのを、奪い、安倍総理を助けました。安倍さんもまた得意げに、さらに北の脅威が増したと、従来の強気を取り戻していました。

 一方、菅官房長官は酷いままです。昨日も記者会見で厳しく追及されると「あなたの個人的な主観に答える必要がない」と答弁を拒否しました。これまでも菅官房長官は質問に対して「答える必要がない」と答え、さらに「どうして答える必要がないのか」と問われると「必要ないものは必要ない」と木で鼻を括ったような答弁を繰り返してきました。

 およそ、記者の裏にはたくさんの読者や視聴者がいるということが全くわかっていないようです。政府に都合の悪い質問には答える必要がないという姿勢だけははっきりしています。

 菅さんは安倍さんと違って苦労人のはずです。苦労している分だけ普通、人の心が分かるのですが、菅さんに関して言えば、いい苦労をしてこなかったようです。

 安倍さんに戻ると、都議選最終日に秋葉原で応援演説し、「安倍辞めろコール」にあうと、直ぐに切れてしまい「こんな人たちに負ける訳にはいかない」と絶叫してしまいました。

 総理は全国民の総理であって、特定の人の総理ではありません。自分と主義主張が違っても全国民の総理である以上、差別をしてはいけない、ということがわかっていません。この発言について、菅官房長官は「常識的な発言」と言っていますから、いまの安倍内閣には民主主義が分かっていない人しかいないようです。

 ともかく、このまま逃げ得を許してはいけません。どうやら閉会中審査には応じる方向のようですから、その場で徹底的に追及し、退陣に追い込まなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍政権の終わりの始まり

7月3日(月)

 都議選で自民党が大敗しました。原因は安倍政権に対するノーの声です。あれだけ国会で無茶苦茶をしていて支持率が下がりませんでしたが、それは「他に適当な人がいない」という理由だったことが証明されました。

 安倍さんは自分の支持は盤石だと思い込んでいたようですが、やっと、内実が分かったでしょう。まさに安倍政権の終わりの始まりが始まったと思います。

 これで臨時国会あるいは集中審議を開かざるをえないところに安倍政権は追い込まれました。ここで新たな事実が出てくれば、完全にアウトになります。また、もし集中審議にも臨時国会の開催にも応じなければ、さらに支持率の低下を招きます。どちらに転んでも安倍政権にとっていいことはありません。

 安倍政権5年間で確実に日本は悪い方向に向かってしまいました。安倍政権が続けば、憲法が改悪される恐れが非常に大きかったと思います。ともかく安倍政権が終われば、とりあえず、悪い方向に向かうことには一定の歯止めがかかります。

 その時に民進党がどれだけ存在感を示せるかです。今回の選挙で都民ファーストが勝ちました。早くも国政に進出するのかということが取り沙汰されていますが、国をどういう方向にもっていこうとしているのか、都民ファーストとしての考え方は、全く示されていません。

 小池さん個人に関して言えば、これまで自民党にいたし、考え方は安倍さんに近いと感じていますが、いまどう考えているのか明らかにしてもらわなければいけません。

 民進党は5議席を得ました。この状況の中で当選した5人の方には拍手を送りたいと思います。議席を減らしました。国政での第二党がこれでは困ります。しっかりと執行部は反省し、敗因をきちんと分析し示す必要があります。

 これからどうなるのか。安倍さんは最後の足掻きで、解散に打って出るのか、前回のように政権を投げ出すのか、私はこの二つしか道はないように思います。私としては解散を選択してほしいと願っています。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

都議選で安倍内閣を退陣に追い込もう

6月26日(月)

 都議選の真っ最中です。世論調査によれば都民ファーストと自民党が互角ということのようです。何としても自民党の数を減らして安倍内閣と退陣に追い込みたいものです。

 朝日新聞の世論調査では東京都民に限って言うと、安倍内閣の不支持率が支持率を上回りました。先週の全国の調査では、朝日ではまだ、支持が不支持と上回っていましたが、この1週間で逆転しました。今度はもっと差が広がらなければいけません。

 安倍さんは、広島で開かれた身内を集めたような会合で挨拶し今治市1か所だから誤解を受けたので、今度は全国で獣医大学を作らなければと発言しました。

 自分の疑惑をごまかすために、不必要な獣医大学を新設しようというのですから呆れてしまいます。

 また、憲法改正の自民党案を次の臨時国会でまとめたいという発言もしたようです。次の臨時国会でやらなければならないのは、安倍さんの疑惑の解明です。憲法問題まで自分の延命に使おうというのですから、とんでもない人です。

 自民党2期目の衆議院議員に不祥事が相次いでいます。自民党が野党時代でしたから、ろくな候補者が集まらなかったのでしょうが、それにしても酷いものです。

 いくら質が悪くても自民党の人数には数えられます。これが自民党一強の内実です。こんな人たちで、何でも決められたのではたまったものではありません。早く選挙をして辞めさせなければなりません。

 さて、都議選ですが、この逆風下に民進党に残ってくれた候補を何としても頑張ってもらいたいものです。民進党の支持率は残念ながら上がっていませんが、あと6日間ありますから、どうか都民の方は、民進党の候補者を応援してください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

街頭演説を行いました

ファイル 800-1.jpgファイル 800-2.jpg

6月24日(土)

本日、選挙区内各所で街頭演説を行いました。「頑張れ」と声を掛けてくださる方が増えています。

どちらがウソを言っているか明白だ、総理は責任を取れ

6月21日(水)

 加計学園を巡って、文科省から新たな文書がでてきました。今回は萩生田官房副長官が「総理は学部の開設を18年とおしりを切っていた」という発言です。

 例によって例のごとく、安倍政権は「文科省の職員が発言の内容を混同してメモに残していたもの」、と発言をなかったことにしようとしています。

 怒った副官房長官に文科大臣が謝罪するという茶番劇までついていました。

 役人がメモを残すのは仕事です。私信ではないのですから、そこに私情などはさむ余地は全くありません。まして、発言もしていない人の発言をあったように記録する筈など絶対にありません。

 どう考えても総理の側近である萩生田副官房長官が総理の意向を受けて「加計学園の獣医学部18年開学」という主旨の発言し、文科省に圧力を掛けたことは否定のしようがありません。

 「新しい事実が出てきたら国民に丁寧に説明する」と記者会見で述べていた総理は、いつものように前言を翻して、全く説明をしようとしていません。

 これでは国民のフラストレーションがたまるばかりです。こんなことを何回も繰り返しても埒があきません。文科省の職員がウソをつく必要はありません。

 総理の側が「都合の悪い真実」を隠したがっているだけというのは、多くの国民は見抜いています。

 それでも、認めなければ何とかなると安倍総理側は考えているようです。ここは、きちんと証言をしている人間を呼んできて国会の場で真相を明らかにするべきです。

 そして関与していたら総理を辞めると明言していた総理は、責任をとって直ちにやめなければなりません。

 それにしても、総理を信頼して総理夫人を名誉学園長していた籠池氏は気の毒としか言いようがありません。」

 教育勅語を園児に読ませるなど、とんでもない教育をしていたのが、評価されて、小学校まで建設しようとしていたのが、突然、梯子をはずされ、今度は被告人の立場に立たされそうです。

 籠池さん、次は権力者は自分のことしか考えないということを、しっかりと教えなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍内閣の不支持が支持を上回りました

6月19日(月)

 やっと安倍内閣の支持と不支持が逆転しました。

 主なところを上げてみます。毎日新聞、支持36、不支持44%、ANN、支持37.9、不支持41.5%、NNN支持38.9、不支持41.8%、共同通信は逆転にはいっておらず、支持44.9、不支持43.1%となっています。

 あれだけ無茶苦茶なことをして支持率に変化がなければお終いだと思っていましたが、やはり、国民は見るとことは見ているということです。

 加計学園問題についても政府の説明に納得できないとする人が、ほとんどの調査で70~80%に達していました。あれだけ国会、国民をばかにした答弁をしていれば、当然です。 

 さらに共謀罪の強行採決についても70%ぐらいの人が、あのやり方に納得できないと答えています。健全な反応だと思います。

 大事なのは、これからです。前回、集団的自衛権を認めた安保法制制定の時に、いまのように支持と不支持が逆転しましたが、短期間でまた、元に戻ってしまいました。

 今度は、この逆転の流れを更に強めなければなりません。

 何しろ、支持率の高さだけでもっていた内閣ですから、支持率が下がっていけば、退陣せざるを得なくなります。

 このまま安倍政権が続いていれば、次に来るのは憲法9条の改悪です。退陣に追い込めば、ひとまず憲法の危機を脱することができます。

 注目は、都議選です。残念ながら民進党の議員は少なからざる議員や候補が都民ファーストに移ってしまいましたが、とにかく勝たなければなりません。

 また、自民対反自民で戦いを挑んで、ともかく自民党を敗北させなければいけません。

 一度、溜飲を下げられました、戦いはこれからです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ページ移動