記事一覧

政治を私物化している安倍総理は責任をとるべきだ

5月25日(木)

 加計学園を巡って文科省内部の文章が明らかになりましたが、菅官房長官などは、野党の質問に対して「怪文書みたいな文章に対して答えられない」との答弁を繰り返してきました。

 今日発売の週刊文春と今日の朝日新聞の朝刊に前の文科事務次官が「この文書をもとに事務方から説明された」と明言しました。

 つまり、怪文書とか、文科大臣が「該当する文書は確認できなかった」としてきた文書が正式な文書であったことが文科省トップの事務次官の話で明らかになった訳です。

 ここには「総理の意向」とか「官邸の最高レベルが言っている」とかいう文言が入っており、当の事務次官が、誰だって気にすると述べました。

前事務次官は、最初から加計学園が獣医学部を設置する前提で話が進められ、結果として「行政がゆがめられた」、「筋を通すべきだった」と反省の弁を述べています。

総理が総理の友達のためにわざわざ特区を指定し、実際に建築費を含めると100億円近い金が加計学園側に渡りました。まさに総理が「行政を私物化した」ことは否定のしようがありません。

総理は「自分がかかわっていたら責任を取る」と再三に渡って明言しています。

森友学園では昭恵夫人がかかわっていたことが既に明らかになっています。そして加計学園では総理のかかわりが明白です。

総理の言葉はもとより重いものです。総理が自分の言ったことに責任を持たなければ、政治は成り立ちません。

その総理も夫人も一切、疑惑に正式に答えることも無く、今日も二人で手をつないで海外旅行に行ってしまいました。トランプの言いなりになっている情けない首相の話しなど誰も聞くはずはありません。

マスコミはこの問題について「野党は攻勢を強めています」という風に報道していますが、事は総理が政治を私物化したということです。お友達を優遇するということは、普通の国民は蔑ろにされるということに他なりません。

国民はもっと怒らなければなりません。
 
ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

共謀罪反対で駅頭活動

ファイル 786-1.jpgファイル 786-2.jpgファイル 786-3.jpgファイル 786-4.jpg

5月24日(水)

 今日は八柱駅で「共謀罪成立反対」の早朝、街頭演説を6区総支部総出で行ってきました。

 私は「共謀罪は過去3度も廃案になった悪法、名前を変えても中身は一緒、国民の頭の中まで国家が管理しようとするものだ。秘密保護法、集団的自衛権を認めた安保法に次ぐ、国の形を変える法律だ。

 次に待っているのは憲法9条の改正。これが完成すると、日本は戦争をしない平和国家から戦争をする国に変わってしまう。当然、現憲法の三原則、平和主義、基本的人権の尊重、国民主権の三つがなくなってしまう。こんなことではなかったと後で後悔しても遅い、いまこそ反対の声を上げてください」と訴えました。

 非常に多くの人が私の新聞をとってくれました。関心の高さを物語っています。

 駅立ちに参加してくれた議員は安藤じゅん子、松戸たかまさ県議と関根ジロー市議の三人でした。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

安倍さんの本当の支持率は5%にすぎない

ファイル 785-1.jpgファイル 785-2.jpgファイル 785-3.jpg

5月23日(火)安倍さんの本当の支持率は5%にすぎない

 今日は、元日刊ゲンダイ編集委員で現在BS11で取締役をしている二木啓孝氏を講師に招いて、早朝セミナーを行いました。

 何故、安倍政権が高い支持率を保持しているのかについて、二木氏は「結果より経過を重視している」からだと分析していました。 
 
 つまり、アベノミクスで大企業以外なんの恩恵も得ていないにもかかわらず、いつか自分のところにも成果がやってくるだろうと国民の多くが期待している結果だ。

 うなぎ屋のうまそうな香りを嗅いで、いつか自分もうな重を食べられるだろうと期待しているが、結局は期待倒れに終わってしまう、それにいまだに多くの国民は気づいていない、その結果、高支持率が長い間続いているというのです。

 だから、民進党がアベノミクスをいくら貶しても効果はない。民進党が提案するのはアベノミクスのように成長を求めるのではなく、成長しなくても成熟した生活ができるような政策を提言するべきだと指摘しました。

 私は次のように言いました。「安倍政権はこのところ、まるで大統領のように振舞っている。森友学園にせよ加計学園問題にせよ、普通の内閣ならとっくに倒れている。崩壊していないのは、ただただ支持率が高いゆえだ。

 安倍さんの支持率は50%程度、このうち安倍さんが総理だから支持するというのはたった10%しかない。つまり、安倍さんの本当の支持率は5%だ。そこをきちんとついていかなければいけない」と指摘しました。

 二木氏は支持率が基礎体力になっており、多少のウイルス、つまりスキャンダルがあっても倒れないと分析していました。

 ともかく、こんな安倍さんに日本の形をぐちゃぐちゃにされてはなりません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

森友、加計学園問題で責任を問われている総理が、憲法改正を急げといいだすとは・・・

5月22日(月)

 安倍総理と森友学園や加計学園とのつながりがますます濃厚になっています。

 すでに森友学園と昭恵さんとの関係が明らかになっていますが、今日の朝日新聞によれば、ごみの処理費に加えて、土壌改良費として5億円を考慮してほしいと不動産鑑定士に財務省が依頼したそうです。

 受け入れられていたら、国は森友学園に土地をタダであげ、さらに数億円を支払うつもりだったのでしょうか。

 財務省が安倍夫妻が関与している案件なので特別扱いしたことは明らかです。

 また、加計学園の獣医学部新設問題は内閣府が文科省に対して、やはり安倍総理の関係者が絡んだ特別の案件だから、配慮しろとほとんど命令口調で命じている文書が明らかになりました。

 この二つ、どう考えても安倍総理、並びに昭恵夫人が関与していたから、発生した事案です。それでも安倍総理は、私は関与していない、と言い張るのでしょうか。

 そういいながら、一切、政府は調査に応じません。疑惑があるのに、調査をしない、これでは政府に対する信頼は地に落ちてしまいます。

 早く、潔く(そんな言葉は安倍総理には全く似合いませんが)総理並びに議員を辞めて欲しいものです。

 そんな追い詰められた立場にもかかわらず(むしろ追い詰められているからかもしれませんが)憲法改正を急ぐように自民党に指示し、公明党にも協力を要請したようです。

 窮鼠猫を噛む、で憲法を改悪されたのでは堪ったものではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.nejp」まで

市民フォーラムが小冊子になりました

ファイル 783-1.jpg

5月17日(火)

 私の支持者の方が、私が毎月開いている「市民フォーラム」の3月25日分を小冊子にまとめてくれました。多くの人に読んでもらいたいということで、事務所で希望者を受け付けます。料金は100円です。

 希望者は事務所までお電話ください。

 まとめて下さった方の希望ですが、「ご購読いただいた方は、お手数ですが、読み終わった後、出来れば、手元に置かずに、他の呼んでくれそうな方に、渡してほしい」とのことです。ご協力いただければ幸いです。

 なお、市民フォーラムは私が議員になって以来、特別なイベントと重なる時を除いて毎月行っています。ちなみに、次回は5月27日に松戸市民会館101で行うことになっています。その時に小冊子も販売いたします。

 時間は午後2時から1時間ほど、私が話をし、その後1時間質疑応答の時間を設けています。どなたでも自由に参加できます。多くの方の参加をお待ちしております。もちろん、料金は無料です。

 市民フォーラムへの参加・小冊子のご希望の方はメール・電話にてお申し込みください。zxe04624@nifty.ne.jp

松戸駅東口駅頭

ファイル 782-1.jpgファイル 782-2.jpg

5月16日(火)

 朝、松戸駅東口で駅立ちをしてきました。共謀罪が今週中にも強行採決される危険性があるので、反対の声を挙げて欲しいと訴えてきました。人数が少なかったのですが、普段の倍くらいチラシをとってもらいました。

 日曜日に街頭演説を行いましたが、そのときも普段よりたくさんチラシをとってもらいました。共謀罪に関心が高まらないように報道されていましたが、実際には関心が高いことが分かってほっとしました。

 共謀罪は独立して存在しません。安倍さんがいうところの「戦後レジーム」からの脱却路線のとして位置づけられています。まず最初に秘密保護法が作られました。

 この法律によって、国民の知る権利が大幅に制限されました。森友事件の時、財務省から国会に出された書類が真っ黒になって出てきたことに象徴されるように、国にとって都合の悪い情報は出さなくていいことになってしまいました。

 次いで、憲法9条に違反した集団的自衛権の行使を可能にした安保法制が成立しました。そして、今回の共謀罪です。この法律によって国はあらゆる手段で国民の頭の中を合法的に知ることができるようになります。国家による国民の監視社会の完成です。

 次にやってくるのが9条の改正です。憲法に違反した法律を作っておいて、今度は法律にあわせた形で憲法を変える、立憲主義を踏みにじった蛮行といわざるを得ません。

 安倍さんがやりたいことは一つ、日本を戦争をしない国から戦争をする国に作り変えることです。9条に3項目をつくり自衛隊を明記すれば、自衛隊の性格が変わります。自衛隊は専守防衛を旨としています。それが3項に明記されることによって相手を攻めることが出来る普通の軍隊になります。

 戦後、日本が築き上げてきた平和主義という財産が安倍さんの一存によって失われてしまいます。そんなことを許していいはずはありません。

 安倍さんは何かというと支持率の高さを誇示し、大統領のように振舞います。しかし、もちろん安倍さんは国民から選ばれたわけではありません。単に自民党の議員から選ばれただけです。

 今日の朝日新聞によれば、支持率は48%でした。その理由で安倍さんだか支持すると答えた人はたった10%です。つまり、安倍さんが総理だから支持するという人はたった5%しかいないということです。それなのに大統領的に振舞うなどとんでもない話です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

共謀罪の強行採決を許さない

ファイル 781-1.jpgファイル 781-2.jpgファイル 781-3.jpg

5月14日(日)

 総理大臣は憲法を守る義務があります。その安倍さんが憲法改正の発議権もないのに、唐突に憲法9条を2020年までに変えたいと発言しました。

 国会を軽視した明らかな越権行為であり、安倍総理の立憲主義を無視する姿勢がまたまた露呈されました。

 日本を再び戦争が出来る国にしたい、というのが安倍さんの基本的な考え方です。そのための法整備の一つとして共謀罪の設置があります。
 
 すでに、秘密保護法で、国民の知る権利が大幅に制限されました。また、憲法9条に違反する安保法も強行採決されました。そして、今度は共謀罪で、思想,信条の自由を制限しようとしています。

 政府・自民党は、共謀罪を今週中にも強行採決しようとしています。こんなことを許してはなりません。

 安倍政権の下で戦後築き上げてきた民主主義が根本から覆されようとしています。将来世代のために今こそ反対の声を上げましょう。

 本日、選挙区内をスポット遊説をして、皆さまに訴えって参りました。ご意見・ご感想を「zxe04624@nifty.ne.jp」までお寄せください。

※事務所より「いのちのフォーラム」のチケット販売のご案内

ファイル 780-1.jpg

【※事務所より「いのちのフォーラム」のチケット販売のご案内】
  
 下記フォーラムのチケットを幣事務所であっせん販売いたします。
 ご希望の方は5/13(土)までに生方事務所迄、お電話・メールにてお問い合わせください。
 なお、締切日を過ぎた場合は直接、チケットぴあ・いのちのフォーラム実行員会事務局(03-3466-1558月~金11~16時)にお問い合わせをお願いいたします。

日 時 6月11日(日) 開演17:00~20:00(開場16:15)

場 所 NHKホール 渋谷区神南2-2-1

主 演 田中 健 市毛 良江 他

第一部 朗読劇「兄のランドセル」 ~ いのちの政治家
                   山本孝史物語 ~
   
第二部 トーク「新たに、”いのち”への思い」
~がん対策基本法/自殺対策基本法から10年の振返りとこれから~

第三部 フィナーレコンサート「あなたがいるから」
東日本大震災で被災した岩手県釜石市と大槌町の皆さんと共に

※詳細はHPをご参照ください。
S席/3,000円 A席/2,000円 B席/1,000円 にて販売します。

もう総理のしたり顔を見るのはたくさんだ

5月10日(水)

 昨日、一昨日と国会で集中審議が行われました。

 時間があったので、じっくりと聞きましたが、議論は一向に深まりませんでした。その理由は、総理にあります。

 何を聞いても、総理は質問にまともに答えません。まず関係のない話を延々とする、そして肝心の質問に対しては、ほんの少し、どうでもいいことだけを話す、これではいくら質問時間があっても議論は深まりません。

 もちろん、質問する側にも問題がありますが、やはり第一義的には総理にその責任があります。自信満々に、答えをはぐらかす。まったくたちが悪い。

 それもこれも、総理の支持率が高いことに原因があります。総理が憲法改正を言ってみたり、それに対しての答えが、読売新聞を見ろとか、自民党総裁としての発言で総理としての発言ではないと、はぐらかしたり、およそ、誠実な人間の態度ではありません。

 こんな人間が5年も総理をやっているのですから、日本が良くなるわけはありません。

 お隣韓国では新しい大統領が誕生しました。報道をみると、若い人が選挙に積極的に参加していました。うらやましい限りです。

 日本でも、安保法制反対の時や再稼動反対で、沢山の若い人たちがデモに参加しましたが、こと選挙ということになると、全く白けてしまうというのが現状です。

 ここを突き破っていかないと、いつまでも安倍総理の“したり顔”を見続けなければなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

憲法の敵、安倍総理を退陣に追い込もう

5月4日(木)

 昨日、松戸市民会館で開かれた憲法集会に行ってきました。なんと、あの市民会館が満員で、座りきれない人が壇上や、階段に座って講演を聞くという盛会でした。1300人以上が参加しました。

 市民団体共同主催の憲法集会は毎年、憲法記念日に開かれています。私が参加したのは初めてでしたが、これほど多くの市民が憲法に関心を持ち、憲法が改悪されるのではないかという危機感を持っていることに、本当に勇気をもらいました。

 松戸駅で駅立ちなどをしていると、どうして、市民はこんなに政治に関心がないのだろうかと、がっかりしてしまうことが、多々ありましたが、通勤途中では、そんな話に耳を傾けている時間がないというのが、本音だったというのが分かりました。

 講師はサンデーモーニングでお馴染みの岸井さんでした。病気をしたということでしたが、力強い言葉で、安倍政権の危険性について語ってくれました。

 おりしも、憲法記念日にあたって、安倍首相は、2020年までに憲法を改正したいというメッセージを憲法改正を目論む集会でビデオメッセージという形で表明しました。

 首相は憲法を守る義務があります。また、首相は行政府のトップであって、憲法改正の発議権はありません。

 今回の首相の行為は明らかに立法府に対して越権行為であり、憲法改正の中身やその時期についてまで言及することは、明確に立憲主義に違反しています。

 しかも、憲法9条そのものを改正しようとしていることが明らかになりました。自分で憲法に違反した集団的自衛権の行使を法律で決め、今度は、憲法そのものを法律に合わせて改悪しようとする、なんという法治主義を無視した行為でしょうか。

 こんなことを許してはなりません。来週には、森友問題が再び国会で取り上げられます。首相夫人の、学校建設に密接に係わっていたことが、追及されるはずです。今回の憲法改正のメッセージは、これをはぐらかす目的もあったのではないかと推測します。

 森友問題にかかわっていたら、総理も議員も辞めると公言していましたから、この問題を徹底的に追及することで総理を退陣に追い込まなければいけません。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ページ移動