記事一覧

【駅頭活動】

ファイル 833-1.jpgファイル 833-2.jpg

 本日、八柱駅におきまして安藤県議と駅頭活動を行いました。昨日は関根市議と松戸駅で街頭演説を行い、明朝は市川駅北口に立つ予定です。

駅頭行動

ファイル 832-1.jpgファイル 832-2.jpgファイル 832-3.jpg

 本日、松戸駅東口におきまして、市川市議の石原さん、松戸市議の関根さんと共に街頭演説を行いました。

 大勢の方からご声援を頂きました。ありがとうございます。

 お手伝いをして頂ける方がいらっしゃいましたら、事務所までご連絡をお願い致します。

人の弱みにつけこんだ解散に、返り討ちを

9月18日(月)

 昨日の朝の新聞に解散総選挙という文字があり、びっくりしました。これまでにも衆参同日選挙など何回も解散風は吹いていましたので、今回も、官邸の脅しかと思いましたが、どうもその後の報道をみると、10月に解散総選挙になりそうです。

 どうして解散するのか。恐らく誰も分からないのではないでしょうか。もとより大義名分はありません。

 官邸は、この間、北朝鮮の脅威を煽りに煽ってきました。北の脅威は増しているので、新たな防衛ミサイルを買わなければいけないなど、対応を急いでいたはずです。

 そんな中、総選挙をすれば膨大な政治空白が生まれます。何をするのか分からない北朝鮮と、トランプ大統領です。何かあったらどうするつもりでしょうか。

 それでも解散に走ったのは、ずばり、疑惑隠しです。臨時国会が始まれば、当然、森友、加計問題が追及されます。それが嫌だから解散する、誠に自分勝手です。

 この機会を逃すと来年には総選挙を打つタイミングを逸してしまう恐れがあるというのも安倍さんの頭の中にはあったのでしょう。

 与党が3分の2を占めている内に憲法改正をしようとしていたのでしょうが、そんなことより自分の延命を安倍さんは選んだようです。

 民進党の内部から離党者がでて弱っていること、日本ファーストの会の準備が整っていないうちと、まったく人の弱みに付け込んで解散をするとは、安倍さんらしいというしかありません。

 アベノミクスが行き詰まっていることは、最早明らかです。異次元の金融緩和をいつまでも続けられませんし、いつ日銀の無茶苦茶な金融政策が破綻するか分からない状態に追い詰められています。

 破たんが明らかになる前に解散をしたいというのもあったのでしょう。こんなことに騙されてはいけません。

 野党にとって解散はチャンスです。一日も早く3分の2を与党が占めるという悪夢から脱しなければなりません。

 ともかく頑張りますので、お手伝いが可能な方はご連絡ください。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

危機を煽るのではなく冷静に考えよう

9月16日(土)

 昨日、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。いくら国際社会が批判しても、全く意に介さず暴挙を繰り返す、となりのバカ坊ちゃんには呆れるばかりです。

 前回よりも射程が1000キロ伸びたとのことで、米国本土を狙うICBMにまた一歩近づいたようです。米国にとっての脅威は確かに増しました。

 しかし、日本はすでに北のミサイルの射程の中にあり、すでにミサイルが実践配備されていますから、今回のことで脅威が更に増したということはありません。強いて言えば、北がミサイルや核開発に、国際社会の批判があっても怯まない事が明らかになったことです。

 それにしても、昨日の朝からの大騒ぎぶりには、戸惑いを覚えた方も多いのではないでしょうか。

 日本の上空を飛ぶと言っても、飛行機が飛ぶ50倍もの上空をたった4~5分飛ぶだけです。その間にミサイルが分解して日本に落ちてきた場合に備えてJアラートが発せられたそうです。

 新幹線を止めたり、学校を休校にする必要が本当にあるのでしょうか。やたらと危機を煽ってもいいことは何もありません。この間、政府はミサイル防衛網を強化する武器購入を次々と進めようとしています。

 防衛網を強化すれば、さらにそれを突破するミサイル網を強化する。歴史上繰り返されてきた、軍拡の道です。その先にあるのは、思わぬ偶然が重なり、とんでもない戦争に発展するという過去です。

 この連鎖をやめることが、日本に課せられた使命です。それを、まさに北朝鮮に便乗する形で米国から言い値で武器を購入し続けることが、本当に日本国民のためになるのでしょうか。

 防衛費を増やせば、税収が増えている訳ではないので、どこかの予算を削るか、未来世代に借金をするしか方法はありません。削る予算は福祉や教育費ということになります。無限に予算があるわけではないことをきちっと理解しなければいけません。

 それにしてもまた安倍内閣の支持率が回復しているというのには驚いてしまいます。北からの脅威に晒され内閣に期待したいという感情は理解できなくもないですが、それにしても支持が不支持を上回るという結果には唖然とします。

 民進党にもその責任の一端がありますが、安部路線をそのまま進んでいいのかどうか、国民的議論が必要です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

離党したい人は早く辞めなさい

9月12日(火)

 民進党を離党したいと思っている議員が数人いるようです。代表選挙で白票を投じて、誰が代表になっても支持しないというアピールをしたのであれば、直ぐに出ていくべきです。

 何を待っているのか、さっぱり意味が分かりません。もともとこれらの人が民進党に何故いたのかもはっきりしません。したがって、何で離党するのか、考えても意味がありません。

 昨日、細野議員が若狭議員や小池知事に会ったそうですが、目指すのは自民党に代わる野党ということのようです。 

 そもそも細野議員が民進党の代表代行を辞めたのは、自分が静岡県知事選に出ようとしたからです。

 川勝氏が知事を辞め、その後釜を狙っていました。しかし、現職の川勝氏が続投を表明したため、梯子が外された格好になりました。

 出馬声明をする前に、かっこよく代表代行を辞めたが、選挙に出るのもままならず、結局、離党を表明せざるを得なくなったというのが真相です。

 やることもなくなり、今回、都民ファーストのブームを当て込んで、新党を作ろうとあがいているだけです。そこには高邁な政治改革の意思も、今の政治状況を憂える思いも何もありません。まさに「自分党」を作りたいというだけというのが透けて見えます。

 前原代表も辞めたい議員から事情を聴くなど言う悠長なことをしていないで、はっきりと出ていきたいなら早く出て行ってくれと言うべきです。いても内部から足を引っ張ることしかできない人はいりません。

 後ろ向きの対応をしている時間はありません。下がり続けている支持率を上方に展開するべく、しっかりとした対抗軸を打ちだして、次の総選挙に備えるべきです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

憲法を改正したいのなら総選挙をするべきだ

9月7日(木)

 今日のニュースによると高村自民党副総裁は、次の通常国会に憲法改正案を提出したいと発言したと報じられました。

 「ちょっと待ってくれ」と言いたい。前回の選挙では安倍首相は憲法改正について一言も触れていませんでした。国民も憲法改正を考慮して一票を投じた訳ではありません。

 たまたま勝ってしまい3分の2の多数を占めたからと言って憲法改正を独断で決めていいはずはありません。その後に国民投票があるからいい、という人もいるかもしれませんが、憲法のどこをどう変えたいと国民に問うて、そこでイエスという答えをもらって初めて、憲法改正の論議が始まらなければいけません。

 そうした手続きを一切しないまま、3分の2の勢力があるうちに、やってしまおうなどという安易な態度で憲法改正のような重要なことを決めていいはずはありません。

 マスコミの論調を見ても、そうした指摘がきちんとされているとは思えません。

 もし、憲法改正をしたいのなら、まず総選挙を行って国民の意思を問い、それで3分の2の多数を得られたら始める、それぐらい重要な話です。
 
前原新代表は安倍政権の下では憲法改正を認めないという党内の合意や、公党間で約束した野党共闘についても、見直しを指示したと今日報道されました。

しかし、憲法改正については党内で議論をして安倍政権下では憲法改正に応じられないという党内合意があります。当然、前原さんもその論議に参加していたはずです。

また、野党共闘については、公党間の合意で、代表が変わったからと言って簡単に反故にしていいものではありません。

山尾さんの問題もあって新しいことを打ちだしたいのかもしれませんが、両方の問題とも安易に変えていいものではありませんし、そんなことをしたらまた支持率が下がることは間違いありません。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

繰り返します。軍事行動というオプションはありません

9月4日(月)

 また、北朝鮮が暴挙を行ないました。いくら金正恩がダメ人間だとしても一国の首領ですから、あらゆる資源と人材を使ってやりたいことをやれる立場にあります。

 したがって、この人間が自分を守るために核開発をしようと思えばできます。そこが普通の人間と最も違った点です。

 ミサイル開発から核実験まで、この人間にとっては着々と、世界にとっては、まったく迷惑、脅威以外の何ものでもない一連の動きをしてきました。

 それも今回の水爆実験、ICBMの実験で最終段階に差し掛かってきたようです。すなわち、いつでも米国本土を核攻撃する力を持ちつつあるということです。

 どうしたらいいのか。はっきり言って、即効性がある対抗手段が国際社会にあるわけではありません。制裁を強めると言っても、本当に効果があるのかどうか。

 もっとも効果がありそうなのは石油の禁輸ですが、これをすれば、北朝鮮の存亡にかかわりますから、北がどんな対抗措置にでるか、想像が出来ません。戦前に日本が石油を守るためとして戦争に走ったように、北が無謀な行動に出る恐れも十分あります。

 だから、やはり、原点に戻って話し合いのテーブルに引きずりだすしか、ありません。もどかしい限りですが、もし軍事衝突に発展すれば、一番被害を受けるのは韓国と日本の国民です。軍事手段というオプションはないということを肝に銘じなければなりません。

 北も実際に軍事手段を使えるとは考えていないはずです。それをするのは、蜂の一刺しで、自分が死ぬときです。だから軍事以外で解決したいという思いはあるはずです。そこにかけるしかありません。

 さて、民進党の代表が前原さんに決まりました。一番の問題は野党共闘をどうするかという問題です。前原さんは理念、基本政策が違うところとは共闘出来ないと、代表選挙の時にずっと言ってきました。

 でも、小選挙区の中で野党が共闘しなければ自公勢力に対抗できないことは過去の選挙が明快に証明しています。

 すでに野党の間では共闘に向けての合意があります。公党間の合意ですから重いものです。

 野党共闘というと、抵抗があるかもしれません。だから市民連合という風に考えてみるのがいいのではないでしょうか。

 事実、安倍政権の暴走に危機感を抱いた市民が中心となって野党共闘がすすめられてきました。野党共闘をしないで喜ぶのは自民党だけです。だから何としても、この路線を進めて、安倍自民党を倒すという目標を失ってはなりません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

危機を煽っても、いいことは何もない

8月30日(水)

 昨日の朝、北朝鮮がまた、ミサイルを発射し北海道上空を通過しました。腹立たしい限りです。

 北朝鮮がこうした挑発行為をすれば、政府はそれに対抗してミサイル防衛網を強化する、北はさらにそれの上をいく潜水艦ミサイルの開発を進める、こうして軍事的緊張が更に高まっていき、最後は不測の事態にもなりかねない、誰もが望んでいない結果になる危険性があります。

 北朝鮮がミサイル開発を止め、核兵器を放棄してくれれば一番いいのですが、今の状態では、望むべくもありません。金正恩はこれしか、自分が生き延びる道がないと信じ込んでいるのでしょうから、無理です。

 国際社会は北に対して経済制裁を科していますが、残念ながら余り効果を発揮していません。

 北が望んでいるのは米国との直接対話です。やりたい放題やって、自分たちの主張を飲ませようとする、こんな手法が罷り通ったら大変ですが、ともかく話し合いのテーブルに出てこさせなければ平和的解決の一歩は踏み出せません。

 トランプの米国と金正恩二人で話させたら、どんな結論がでるか予想がつきません。やはり最低でも6か国協議に参加している日本、韓国、中国、ロシアの4か国が参加して、協議をするしかありません。その呼びかけを日本がしなければなりせん。

 しかし、昨日の日本の対応は冷静と言えたのでしょうか。安倍総理は「これまでにない深刻かつ重大な脅威」という談話を発表し、テレビも朝から大騒ぎでした。

 これまでにも日本を二発の北朝鮮ミサイルが通過しています。すでに北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込む軍事力があることは既成事実です。いま大事なことは冷静に対応することです。

 ミサイルが日本に着弾すれば、これはもう戦争です。Jアラートが発令されて近くの鉄筋の建物に避難したり、地震の時のように椅子の下に隠れても身は守れません。

 つまり、Jアラートを発して避難訓練をしても何の役にも立たないということです。それでも訓練をさせるのは、危機を煽る行為と言わざるをえません。そんなことを口実に軍事費を膨張されてはたまったものではありません。

 ミサイルを撃ち込まれたら防ぐ手段はありません。だから撃ち込ませないように外交交渉をするしか手はないのです。粘り強く、交渉をすることが政治です。やたら危機を煽るのは政府のやることではありません。

 さて、いよいよ民進党の代表選挙が1日に行われます。今度の選挙の最大の目的は政権交代可能な野党を再構築することです。大事なことは選挙によって党の遠心力を高めることではなく求心力を高めることです。

 だから私は、両候補にその一点で頑張ってほしいと訴えてきました。主張は枝野さんに近いことは言うまでもありません。でも、どちらが勝っても党を分裂させるようなことがあってはなりません。それで喜ぶのは与党だけです。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

【生²ビアパーティーの開催】

ファイル 823-1.jpgファイル 823-2.jpg

8月28日(月)

先週の土曜日に毎年恒例の「生²ビアパーティー」を開催いたしました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

活字のない世の中は想像できない

8月24日(木)

 雨模様の夏が続いていましたが、ここにきて急に暑さがぶり返しています。いままで涼しかった分、よけいに暑さがこたえます。

 今日の朝日新聞に、全国の自治体のうち約2割に書店がないというショッキングな記事が出ていました。

 新聞休刊日というだけで朝から調子が悪いという活字中毒の私には、書店がなくなってしまった街はとても想像したくありません。

 毎日、寝る時に必ず1時間ぐらいは本を読みます。毎月一度か二度書店に行き、面白そうな本を買ってきて、読むのが楽しみです。中には“外れ”もありますが、殆どの本が何がしかを考えさせてくれます。本のない世界は考えられません。 

 ネット販売が普及しているのが書店が減る原因の一つでしょうが、何といっても読書をする人が減ったのが最大の原因でしょう。

 電車に乗ってもほとんどの人がスマホを見ていて読書をする人を見かけることは滅多になくなってしまいました。新聞を見ている人もほとんどいません。

 活字を読んだり、活字を書いたりすることで、人間は考えます。それをする人が少なくなったということは、それだけ考える人が減ったということにもつながるのではないかと心配します。

 つい、安倍の支持率が劇的に下がらない原因がここにあるのではと思ってしまいそうです。

 ついでですから最近読んだ本でお薦めの本を書いておきます。
 
 最近読んだ順に

・韓国人作家パク・ミンギュ作「ピンポン」(白水社)
・米国人作家ポール・オースター「内面からの報告」(新潮社)
・ベトナム人作家ラン・カオ「蓮と嵐」(彩流社)
・シリア人作家ラフィク-シャミ「愛の裏側は闇」(東京創元社)

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ページ移動