記事一覧

立憲民主党、綱領についての議論が始まる

12月8日(金)
 今日で特別国会が終了しました。
 衆議院選挙の結果を受けての国会でしたが、与党の横暴ぶりばかりが目立ちました。国会は本来、少数意見をしっかりと聞く場であるはずなのに、こともあろうに与党の質問時間を議員数に応じて野党より多くしろと要求しました。
 安倍総理に森友・加計問題を追及させたくないという忖度が働いた結果でした。今回の予算委員会は短い時間でしたが、会計検査院が指摘したように、いかにこの問題が不適切に処理されてきたのかが、明らかになりました。来年の通常国会でも引き続きしっかりと追及していかなければいけないと思います。
 昨日は立憲民主党の綱領が議論されました。私が発言したのは4項の「国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する」という項目についてでした。
 原案では「日米同盟を健全に発展させ・・」となっていましたので、現在、トランプが主導する日米同盟を発展させるということは、日本の安全を損なう、また、今の日米同盟は集団的自衛権の行使を前提にしており、それは立憲の考え方と相いれない、さらに日米同盟によって日本は米国から武器の購入を迫られている、このまま防衛費を増やしていくことは、我々の考え方と反する、という意見を申し述べておきました。
 私は日米同盟そのものを見直すべきだと考えています。沖縄の辺野古移転についても党としての正式な考えを表明するべきだとも発言しました。新しい党ですから、過去の民進党や民主党の時の主張に、ことさら配慮する必要はないと思います。
 この綱領は、あくまでたたき台ですから、これから議論を経て修正されます。是非、皆さんも、日米同盟や外交方針について立憲民主党の党本部に意見を寄せて頂きたいと思います。
 昨日の会議では、党員・サポーターの呼称についても論議されました。党員という呼称は古すぎる、またサポーターも草の根でみんなが主役と言いながらサポートしれというのはおかしいなどの意見が出されました。何か、いいアイデアがあったら教えてください。

 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

またまたトランプの無分別

12月7日(木)
 トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、米国大使館をテルアビブから移転すると発表しました。
 エルサレムはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地です。嘆きの壁もあるし、キリストが磔にされたゴルゴだの丘もあるし、マホメッドが昇天したというイスラム寺院もあります。
 私が訪ねた時はパレスチナとの紛争が激しいころでした。エルサレムからテルアビブに行く途中の道で、ここはよく狙撃をされる場所なので急いで行きましょうと言われたり、アラファト議長に会いにウエストバンクに行った時には、分厚い防弾ガラスをつけた大使の車を借りたほど緊張状態が続いていました。
 エルサレムはパレスチナ国家に囲まれた格好になっており、イスラエル、パレスチナ両者が首都だと主張している都市です。エルサレムの帰属を巡って、これまで歴史上何度も戦争が繰り返されてきました。
 したがって、国連でもエルサレムについてはイスラエル、パレスチナの両者で決めることとしていました。この問題に他の国が絡むと、新しい国際紛争の火種になるということで、どの国も大使館をテルアビブに置き、事実上、テルアビブをイスラエルの首都とみなしてきたわけです。
 そこに、またトランプです。自分の公約を守るという口実のもと、新たな紛争の火種を自分で作り出してしまいました。どうしてこんな人物が大統領になってしまったのか、いまさらながら嫌になります。
 ニュースによるとトランプ政権内部にも反対意見があったそうですが、それを無視しての発表だったようです。動機は支持率をあげることにあったようです。アメリカファーストをいいながら実は自分ファーストなのがトランプです。
 判断力がないことがこれでもわかります。支持率を上げるために、北朝鮮に対して強硬手段をとる恐れがあることが、今回の事でも明らかです。
 大統領選挙に絡んでロシアとの関わりに捜査が進められています。なんとか、これで大統領を辞任に追い込めればいいのですが…。

立憲民主党の党員仮登録をはじめました。

ファイル 854-1.pdf
ファイル 854-2.jpg

立憲民主党の党員仮登録をはじめました。
申請書をダウンロードしてご利用ください。
お申し込みは、郵送またはFAXでメールでお受けいたします。
メールの場合、必要事項をメール本文にご記入の上、表題を【党員仮登録】としてください。

多くの皆様の立憲民主党へのご参加をお待ちしております。

立憲民主党千葉県連合会を立ち上げました

12月4日(月)
 今日、千葉県選管に立憲民主党千葉県総支部連合会の設立届けを出しました。まだ正式に党員・サポーターを募集することができませんので、とりあえず衆議院議員三人でスタートいたします。
 党本部の方で正式に募集要項が決まりましたら、党員・サポーターを募集します。それまでは、仮の党員・サポーターということで扱いますので、希望者は千葉県連に申込ください。
 立憲民主党は草の根民主主義を目指しています。党員・サポーターという名前がいいのかどうかも含めて、いま党本部で検討していますので、いましばらく正式な申し込みは待ってください。
 私が千葉県連代表となり、県連も当面、千葉県第6区総支部に置くことにしました。したがって、問い合わせは、6区にして頂ければと思いますので、宜しくお願い致します。
 民進党は立憲民主党、民進党、希望の党、無所属の会の4つに分かれてしまいました。大変、分かりづらい状況になってしまっており、申し訳ありません。
 民進党時代は党がバラバラだという批判を沢山いただきました。憲法にしても原発にしても、残念ながら党としての統一見解を出すことができませんでした。それが国民の信頼を得られない最大の原因でした。
 その轍を踏んではならないというのが、立憲民主党の原点です。立憲主義を取り戻し、憲法9条の改正には反対、原発ゼロということで一致しております。原点をしっかりと守っていけば、再び政権党になることが出来ると確信しております。
 したがって、当面、4つが再びそのまま一つになるということはありません。立憲は立憲の主張を貫き、国民の皆様の支持と広げていくということが最も大事なことで、数合わせで大きくするということは全く考えていません。
 ただ、国会等では巨大与党に対して、共同して当たっていくということは当然です。

 ご意見・ご感想は zxe04624@nifty.ne.jp まで

大きなニュース三つ、本質をきちんと見極めよう

11月30日(木)
 昨日は大きなニュースが重なりました。一つは北朝鮮がまたミサイルを発射したこと、二つ目は横綱日馬富士が暴力事件を受けて引退表明したこと、三つめは昨日に限ったことではありませんが、森友・加計問題が国会で追及されたことです。
 北朝鮮はここ暫くはミサイルを発射せず、当面、このまま静かにしているのかという周囲の期待を見事に裏切って、これまでよりより飛距離の長いICBMの実験を行いました。これで、ほぼ米国全域がミサイルの射程内に入ったことになるようです。
 自分の体制を守るためには原爆を搭載できる長距離ミサイルを持つしかないという、脅迫観念のもと、国民の生活を犠牲にして多額の費用をかけて、キムジョンウンは軍事力強化に力を入れてきました。
 今度のミサイル開発で確かに、一つの区切りはつきました。北朝鮮を核ミサイル保有国として国際社会が認めて交渉するのかどうか、そうする前に軍事的方法で強行解決をめざすのか、いよいよ二つに一つに絞られそうです。
 もちろん、北朝鮮が外交交渉の場に出てきて、ミサイル開発を止め、核兵器を放棄するのがもっとも望ましい解決法です。しかし、これまでは悪い方向に進む一方でした。このまま経済制裁の圧力を強めても解決は、当面、望めそうもありません。
 悪いことをしたほうが勝ちというような前例を残してはいけませんが、戦争だけはどうしても避けなければいけません。となると、ともかく現状より悪くしないということで事態を収めるしか方法はないようです。
 日馬富士の事件は全容が明らかになっていません。なによりもう片方の当事者が公の場に出てきませんし、出てきている親方は黙して語らず、これでは本当は何が起こったのか、わかりようがありません。
 そんな中で突然の引退表明でした。暴力は悪いことは言うまでもありませんが、全体がわからないままの決着には釈然としないものが残ります。遠い外国に来て頑張っている、他の力士のためにも、全容解明が待たれます。
 三つめは会計検査院の調査結果がでて、森友・加計問題の処理がいかに異例ずくめであったのかが、国会でも明らかになりました。
 どうして異例だったのか、理由は一つしかありません。総理と総理夫人が関わったから異例の措置が取られたというのは明白です。その責任を総理は免れるわけにはいきません。そろそろこちらも引退勧告をしなければいけません。

市川市長選、再選挙という衝撃の結果

11月27日(月)
 昨日、市川市長選の開票が行われました。
 注目していたのですが、いつまでたっても当選者が確定しない、ついに翌日になってようやく、有効投票の4分の1に達した候補がいなかったので、再投票という結果が発表されました。
 そんな制度があることすら知りませんでした。でも50万都市の市長候補が3万票もとれないというのでは、とても市長として認めるわけにはいきません。
 投票率は市川の市長選にしては30%を超えて、高いほうと言えましたが、それでも市長を選出するまでには至りませんでした。
 これで二週間の検証期間を過ぎたのちに50日以内に再選挙となりました。
 どんな顔ぶれが出るのでしょうか。再投票となれば投票率は今回より低くなることが予想されます。したがって、同じ顔触れが出れば、もう一度、当選者が出ない恐れすらあります。
 なぜ、こんなことになってしまったのか。やはり一番の責任は候補者にあると思います。自分は市長になったら、市川市をこうしたいという訴える力が不足していたとしか言いようがありません。
こんな候補者たちに市川市を任せるわけにはいかない、という有権者の判断をしっかりと受け止めなければいけません。
 これから新しい候補者がでてくるのかどうか、注目しています。

市民フォーラムへの参加ありがとうございました

ファイル 850-1.jpg

11月24日(金)
 昨日は約2か月ぶりに市民フォーラムを行いました。
 選挙後初めてのフォーラムでしたが、100人近い人にお集まり頂きました。普通のフォーラムで100人近い人が集まったのは初めてで、びっくりすると同時に感激しました。また、若い人や初めての参加の方がたくさんいたことにも驚きました。
 フォーラムの後でいつも、感想などのアンケートをお願いしております。今回はたくさんの方からコメントを頂きました。どの方も真剣に政治のことを考えていることが良くわかりました。
 30代の女性の方から次のようなコメントを頂きました。
「立憲民主党を知って初めて政治に希望と意欲を持ち、今回参加させて頂きました。まだまだ素人ですが、まっとうな政治が実現できるよう、少しでもできることをしたいと感じております。草の根からの政治に参加できる場やきっかけを増やして頂ければありがたいです」
 政治に絶望している人が多いと感じておりましたが、立憲ができて政治に関心を持った人がいたと知り、責任の重大さを感じております。
 今回の選挙では約半年かけて地元を回りました。様々な意見を聞き、草の根民主主義を目指すべきだと考えていたところに、立憲が立ち上がってタイミングが良かったと思っています。
 ただ、実際に草の根の政治を実現するためには、何よりも市民の政治参加が必要です。でも、あまり政治、政治というとハードルが高くなる気もします。
 大事なことは気軽に身近な問題を語る機会があることだとつくづく思います。
 私はいつでも気軽に話を聞きます。気軽に連絡をして会いに来てくれることをお願いいたします。

なんとも気合の入らない安倍所信表明演説

11月17日(金)
 今日、安倍首相の所信表明演説が本会議場でありました。なんとも気合の入っていない演説でした。それもそのはずで、もともとは所信も述べずに、8日間で国会を閉じる方針だったので、その延長線上に今日の演説があったものと推測します。
 時間が短かったのはもちろん、中身も乏しいものでした。自民党側からも拍手は決まった時にあっただけで、自然に起こった拍手は一度もありませんでした。当然のように、森友・加計問題については、何も触れませんでした。
 謙虚に丁寧にという言葉はとっくに忘れてしまったようです。
 森友・加計問題について立憲民主党内にPTが立ち上がりましたので、私も二度出席しました。前回は文科省からの説明でしたが、加計にした4条件について、文科省は何の判断もしなかったということを、明言しました。特区に決まったら省庁は、口を出せなかったという実態が明らかになりました。
 今日は内閣府から事情を聴きましたが、どうして加計にしたのかという明確な理由はついに内閣府として説明できませんでした。
 なんとか、この問題をなかったことにしたいようですが、省庁の話を聞けば聞くほど疑惑は深まってきます。文科委員会の委員ではないので委員会での質問はできませんが、せめてPTでしっかりと疑惑追及をしていこうと思っています。
 今度の国会では環境委員会の筆頭理事と憲法調査会の委員をやります。環境委員会では次の通常国会で動物愛護法の改正が行われます。5年前に改正したときには、ちょうど環境委員長を務めており、改正案を発議をしたという経過がありました。
 今度も理事を務めますので、前回クリアできなかった殺処分ゼロに向けて努力します。また殺処分ゼロの議員連盟のPTの副座長にもなりましたので、合わせて頑張ろうと思っています。
 憲法調査会では憲法改悪の阻止に向けて全力を挙げますので、よろしくお願いします。

選挙に勝てば国会はいらないという安倍自民党の横暴

11月15日(火)
 「今日の一言」大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。なんだかんだ忙しくてなかなか書く時間がありませんでした。
 この間、安倍総理はトランプ大統領と会ったり、ASEAN首脳会談に出かけたりと、国会には開会式に顔を出した以外、出てきませんでした。
 安倍総理の国会嫌いを反映してか、自民党はついに質問時間までいちゃもんをつけてきました。国会での議論を一度でも見たことがある方は、与党の質問がいかにつまらないものかよくご存じのはずです。
 与党は国会で議論する前に、与党内部で法案審査をしており、修正する点があれば、そこで済んでしまっています。したがって、国会の本会議や委員会の質問は、政府側の意図を聞くだけで、質問というにはほど遠いものです。
 それにもかかわらず、自民党は質問時間を与野党5割ずつにしようと強行に主張しています。自民党が野党時代に野党の質問時間が少なすぎると言い張り、最終的に野党8、与党2で決着した経緯があります。
 そうした過去をすっかり無視して、最初は与党8、野党2というとんでもない提案をしてきました。つまり、国会の形骸化をさらに進めて、国会の無力化を図ろうとしているとしか思えません。
 当初は森友・加計問題を追及されたくないという思惑から出た話でしょうが、どうせなら面倒くさい野党質問はこの際、極力減らそうということになったのでしょう。
 数の力は恐ろしいものです。数の力だけでいけば、こんなバカげた提案が通ってしまう恐れすらあります。
 予算委員会などいつも時間切れで追及が中途半端になることがありましたが、これからは、時間が短すぎて追及そのものがなくなってしまう可能性すらあります。
 もちろん、マスコミはこぞって反対をしていますが、そもそも議論にもならないようなことを論じなければいけないような酷い状況に国会はなってきました。

立憲民主党の千葉を立ち上げました

11月4日(土)
 1日に初登院をしました。
 何度も初登院は経験しているのですが、今回は新しい気持ちで初登院を果たすことが出来ました。
初登院は立憲民主党で当選した岡島一正、宮川 伸議員と一緒にしました。安倍政権によって立法府が軽視されています。国会は国権の最高機関ですから、それに相応しい国会にしていかなければいけないと、マスコミに決意を述べておきました。
 まずは3人の衆議院議員で立憲民主党千葉を立ち上げました。当面、私が県の党組織の代表を務めることになります。
旧民進党千葉6区や5区の地方議員を初めとして入党を希望する議員が多数いるのですが、まだ正式な入党の手続きが来ていませんので、もう少し待っていただかなければなりません。
 党の方針として民進党や希望の党から積極的に、立憲民主党に入党するように働きかけをするのは止めようということになっています。したがって、当面は、入党したいという議員はもちろん、受け入れますが、他の議員に積極的に入党を求めることはしません。
 地方組織をどうするかについては、本部の方でも検討しているようですが、草の根民主主義にふさわしい地方組織はどんなものであるべきかについて、私も検討中です。
 市民が主役の党ですから、普通の市民が気軽に参加できる党にできればと考えています。皆様もアイデアをお寄せください。
 さて、トランプが来るそうです。どんな人物であれ米国大統領ですから、それなりに遇さなければなりません。しかし、マスコミは少しオーバーに騒ぎ過ぎではないでしょうか。
見識のなさでは世界的に定評があります。その人物を必要以上に遇すれば、日本も見識のない国と見なされます。安倍総理がそう見られるのは一向にかまいませんが、日本国民全体がそう見られるのはごめん被りたいと思います。

ページ移動