記事一覧

こんな小学校はいらない

2月22日(水)

 大阪府の小学校設置を巡って、総理大臣と昭恵夫人の関与が指摘されています。

 まず、総理大臣に関しては、当初、この学校の名称を「安倍晋三記念小学校」とする案があったということです。そして、安倍晋三の名前を使って、寄付金を集めたことが報道されています。

 夫人は、この学校の「教育に対する熱き想いに感銘を受け」名誉校長になったと学校のパンフレットに掲載されています。

 問題の一点目は、昨日国会で取り上げられた通り、9億8千万円の価値があるとされた国有地を、実際には約200万円で売却したという問題です。

 なぜ、9億8千万円の価値があるものが、たった200万円で手に入れることが出来たのか。甘利大臣の不正疑惑の時も、その土地に廃棄物が埋まっている、その処理費用を巡って不正が発生しました。また、いま話題となっている豊洲の問題も東京ガスの工場跡地ということで、土地の汚染除去費用を巡って、ごたごたが起こっています。

 今回も小学校の土地ということですから安全性がきちっとしていることが前提ですが、ここでも、立地場所に廃棄物が埋まっており、その処理費用を大幅に上乗せして見積もりし、結果として土地を安く購入するという手口でした。

 財務省は少しでも高く売却し借金を返さなければならない立場です。隣接地を市に売却した時には、同じように廃棄物が埋まっていたのに処理費用は非常に少なく見積もっていたことが報道されています。

 したがって、普通に考えれば、実費よりも財務省が高く見積もるということはありえません。昭恵夫人と、総理大臣とこの学校の関係を財務省が考慮したとしか思えません。

 この点を指摘された安倍総理は「もしかかわっていたという事実があれば、私はすぐに総理大臣どころか国会議員を辞めます」と答弁しました。

 きちんと調査させますと答弁すればいいところを、まるで、「支持率が高い私が辞めたら困るだろう」と言わんばかり言いぶりに、総理の驕り高ぶりをみたのは私だけでしょうか。

 もう一つ、指摘しなければなりません。この学校の偏光した教育方針です。幼稚園で毎日、教育勅語を子供たちに暗唱させているのは、異常というしかありません。そうした教育方針を総理夫人が支持するのも異常です。

 この学校の理事長は日本会議の関西の有力メンバーだということです。日本会議は安倍総理も入っている右の団体です。この理事長はかつて、在日外国人を侮辱したことでもしられています。

 幼稚園児に在日の方がいた時に、保護者に向かって、「巧妙に韓国や中国人が潜り込んでいた」と罵る文書を載せていました。

 テレビのインタビューでも、平気で在日の方たちを「だって気持ち悪いでしょう」というような方が、本当に教育者として相応しいかどうか、少し考えれば分かります。そんな学校の名誉会長に、総理夫人がなっていいはずはありません。

 一番気の毒なのはこんな学校に入れられる子供たちです。そもそも小学校として認可するべきではありません。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

金正男氏殺害、不可解な犯人の行動

2月16日(木)

 13日に北朝鮮の金正日総書記の長男の正男氏がクアラルンプールの空港で殺害されました。

 北朝鮮という国は国際的な非難にもかかわらず、核実験をしたりミサイルを発射したりと、これまでにも訳の分からないことを繰り返し実行してきましたので、暗殺をしたからと言って驚く訳ではありませんが、実の兄まで殺すとは思いませんでした。

 詳しいことは何も分かっていませんが、この殺害に金正恩朝鮮労働党委員長がかかわっていたことは間違いないでしょう。

 国民が餓死するほど困窮しているのに、平気で核開発をするような人間ですから、自分の地位を守るために兄を殺したとしても不思議ではありませんが、こんな人物を指導者にしている国民は不幸という以外にありません。

 こういうことをしていれば、世界の多くの独裁者と同様に、悲劇的な末路を迎えることになるに違いありません。

 それにしても不思議なのは殺しのプロであるはずの暗殺実行者がいとも簡単に逮捕されたことです。訓練を受けた工作員であれば、タクシーで逃亡したり、宿泊先のホテルで逮捕されるというようなドジを踏むでしょうか。

 殺しの手口も、もし言われているように、スプレーで目くらましをして、毒物をハンカチで口に押し当てたとすると疑問が残ります。

 オウムによるサリン事件を思い出しましたが、オウムの実行犯は犯行の後に、サリン中毒の症状が出てと言っていました。

 仮に、女性二人が毒物で殺害したとすれば、二人にも症状がでたはずですが、犯行直後のビデオ映像を見る限り、何の影響もないようでした。不可解です。

 ここ数日で真相が明らかになるでしょうが、なんとも不愉快な事件です。
 
 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ゴルフ以外に何もなかった首脳会談

2月13日(月)

 鳴り物入りの日米首脳会談が終わりました。

 安倍・トランプ両人の何か分かりませんが、やたら親しそうな写真が溢れ、日米関係がこの訪問によってより深まったという報道がなされています。

 トランプが大統領選の最中に日本を防衛費や輸出について厳しく批判していたので、安倍総理は、就任前にいち早く訪米しました。しかし、訪米直後に安倍さんが切望していたTPPについてトランプは離脱を表明し、事前訪米は失敗に終わりました。

 したがって、今回も首脳会談で日本に無理難題を吹っ掛けるのではないかという、懸念がありましたが、それがなかったというだけで高い評価がなされているようです。

 仲が悪いより仲がいい方がいいに決まっています。でもどんな人間を友達に選ぶかによって、選んだ側も評価されます。当然、評判のいい人と友達になれば、その人の評価も上がります。

 しかし、ことトランプに関して言えば、米国内でも入国禁止を巡って大きな批判が起こっています。ドイツ、フランス、イギリスなどでも、政府、国民両方からブーイングが起こっています。

 日米同盟が本当に同盟関係にあるのなら、それを深めるために、間違えていたら間違いだと指摘することが大事です。

 好きなゴルフだけやって、触れたくない事には触れないでは、本当の友好関係には発展しません。

 ところで、今回の首脳会談では、尖閣列島に日米安保条約を適用されるかどうかが注目されました。大統領選中に日本の負担が少なすぎるとの発言があったからです。

 それが、一転して、尖閣を守るために核兵器を使うことも躊躇しないと変わりました。これが何よりの成果だと言っているマスコミもありました。しかしよく考えれば、核戦争に反対している日本の立場と矛盾しています。

 経済問題については、副大統領と副総理との間でこれから協議するということが決まっただけです。せっかく会ったのですから、ここでも日本の立場を明確にする、というのが本来の外交だと私は思います。

 仲良くなることだけが目的の外交などありえません。

 今度の日米首脳会談によって、ますます、日本は米国の属国という感が、他の国に広がるのではないでしょうか。とても喜んでなどいられない会談だったと私は思うのですが。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nify.ne.jp」まで

新春の集い

ファイル 756-1.jpg

2月11日(土)

恒例の「新春の集い」を開催いたしました。お忙しい中、ご出席いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

トランプにツイッターをやめさせろ!

2月7日(火)

 米国の記者は毎朝、トランプのツイッターを見ることから一日が始まるようです。

 トランプはツイッターで呟いたことを、次には大統領令として実行に移しますから、その影響力は極めて大きいものがあります。

 昨日も特定国からの入国を禁止する大統領令は違法だから、効力を停止するという司法の判断に対して、判事を罵り、直ちに反転攻勢するとツイッターで呟きました。

 重要な発言を一方通行のツイッターで言うのはおかしい、とみんな思っていても、それが実行に移される可能性があるのであれば、注目せざるを得ません。なんともおかしなことになってしまいました。

 大統領職は公職中の公職です。発言に対してきちんと質問をする権利が国民にはあります。
 
 ところがトランプはそれを認めません。記者会見を開けば、質問がでます。たとえ、前回のように質問者が気に入らないメディアだから、質問を受け付けないとしても、その姿が映像として残ります。

 しかし、ツイッターでは質問のしようもありませんからトランプは言いたい放題、しかも言いっぱなしです。事実関係に間違いがあっても、そのままです。

 今日の新聞に出ていましたが、トランプは、ツイッターにセキュリティがしっかりしていないものを利用しているようです。つまり、トランプのツイッターに他者が忍び込む危険性があるわけです。

 トランプを語って、他国の元首を罵ったりすれば、それがきっかけで国際紛争、ひいては戦争などということにもなりかねません。

 そうした危険性もトランプのツイッターにはあります。

 普通の大統領になれ、と言っても無理でしょうが、せめてツイッターだけでも止めさせなければ、安心して眠ることもできません。

 このままでは、トランプの辞任と世界の崩壊を天秤にかけて、世界中の人が毎日、不安の中に生きていかなくてはならなくなってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe@nifty.ne.jp」まで

トランプにツイッターをやめさせろ!

2月7日(火)

 米国の記者は毎朝、トランプのツイッターを見ることから一日が始まるようです。

 トランプはツイッターで呟いたことを、次には大統領令として実行に移しますから、その影響力は極めて大きいものがあります。

 昨日も特定国からの入国を禁止する大統領令は違法だから、効力を停止するという司法の判断に対して、判事を罵り、直ちに反転攻勢するとツイッターで呟きました。

 重要な発言を一方通行のツイッターで言うのはおかしい、とみんな思っていても、それが実行に移される可能性があるのであれば、注目せざるを得ません。なんともおかしなことになってしまいました。

 大統領職は公職中の公職です。発言に対してきちんと質問をする権利が国民にはあります。
 
 ところがトランプはそれを認めません。記者会見を開けば、質問がでます。たとえ、前回のように質問者が気に入らないメディアだから、質問を受け付けないとしても、その姿が映像として残ります。

 しかし、ツイッターでは質問のしようもありませんからトランプは言いたい放題、しかも言いっぱなしです。事実関係に間違いがあっても、そのままです。

 今日の新聞に出ていましたが、トランプは、ツイッターにセキュリティがしっかりしていないものを利用しているようです。つまり、トランプのツイッターに他者が忍び込む危険性があるわけです。

 トランプを語って、他国の元首を罵ったりすれば、それがきっかけで国際紛争、ひいては戦争などということにもなりかねません。

 そうした危険性もトランプのツイッターにはあります。

 普通の大統領になれ、と言っても無理でしょうが、せめてツイッターだけでも止めさせなければ、安心して眠ることもできません。

 このままでは、トランプの辞任と世界の崩壊を天秤にかけて、世界中の人が毎日、不安の中に生きていかなくてはならなくなってしまいます。

 ご意見・ご感想は「zxe@nifty.ne.jp」まで

信用できないトランプに51兆円もプレゼントする呆れた安倍総理

2月3日(金)

 今日の新聞を見て驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 10日から安倍総理がトランプと会うことはすでに報じられています。どんな手土産を持っていくのかが注目されましたが、中身は手土産どころではありませんでした。

 なんと我々の年金資金などを使って、米国のインフラへ投資をしてトランプのご機嫌をとろうというのです。

 テキサス州などへの高速鉄道への協力や地下鉄車両の更新などに10年間で17兆円も投じるというのです。この内、どれくらいの額を日本が負担するのか今日の新聞記事では明らかではありませんが、恐らく、殆どを日本が負担するものと予想されます。

 これ以外に、原発などを米国と一緒に他の国に売り込むプロジェクトにやはり10年間で22兆円、この他、ロボットと人工知能(AI)の連携に6兆円など、計10年間で51兆円を投じ、米国で70万人の雇用を創出すると謳っています。

 10年間で51兆円ということは一年間で5兆円です。日本の毎年の防衛費と同じ額を米国に投じるという話です。

 恐らく、負担を日米でどう分担するのか、これから話し合いということになるのでしょうが、日米の力関係を考えれば、殆どが日本側の負担になることが予想されます。

 政府部内でも、「これでは朝貢外交」だという批判が出ているようですが、本当に酷すぎます。

 これまでにも安倍総理は外国に行って大盤振る舞いをしてきました。その集大成が今度の米国投資です。安倍さんは自分が大統領にでもなったつもりでしょうか。

 日本の資金はまず第一に国民の生活安定に使われなければなりません。それに日本には1000兆円を超す借金があります。余分なお金があったら次世代のために借金の返済に回さなければいけません。

 そうしたことには全く関心のない首相が、自分のお金のように外国に年金資金や外為特会を使うというのが本当に許されるのでしょうか。国会での審議もなしに、焦げつけば全て国民にツケがまわるような投資を勝手にしていいのでしょうか。

 そのご褒美なのかどうか知りませんが、安倍さんは米国にいって大統領専用機に乗せてもらいゴルフを一緒にするようです。日本からは政府専用機で行くのですから、その間、日本の政府専用機はどうするつもりでしょうか。

 とても信用できないトランプにここまで肩入れして、あとで恥をかくのは日本国民です。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

非道のトランプに抗議の一つも言えない情けな総理大臣

2月1日(水)

 トランプ大統領が入国禁止令を出し、米国のみならず世界中に混乱が広がっています。この常軌を逸した大統領令に日本国内でも多くの人が怒りを抱いているはずです。

 ところが、安倍総理大臣も岸田外務大臣も、「米国の国内問題だから、口を出すわけにはいかない」とだんまりを決め込んでいます。

 10日にトランプ大統領との会談を控えているので、大統領を刺激したくないから、などと新聞は訳知り顔に解説していますが、そんな問題ではないでしょう。

 まず間違いは、米国の国内問題ではありません。入国を禁じられたイランなどの国があるのですから、国内問題ではなく外交問題です。

 言論の自由と同様に人間には行動の自由があります。どこかの国に住んでいるからという理由だけで移動の自由が奪われるとすれば、これは間違いなく人権問題です。

どこの国の国民であれ、米国の大統領令によって人権侵害をされたら、それに対して、為政者はきちんと抗議をしなければいけません。抗議をしないということはトランプの暴挙を認めたということになります。

もっとも日本は大きなことは言えないという事実があります。日本では米国よりずっと前から難民をほとんど受け入れていません。欧州諸国は困難を承知で難民をたくさん受け入れてきました。

これに対して日本は、難民受け入れほとんどゼロという政策を貫いてきました。恥ずかしい話です。もっと前から難民受け入れについて、日本国内できちんと話をしなければならない問題でした。

日本で働く外国人が100万人を超えたと報道されていました。この中には技術研修という名前で、不当に安い賃金で単純労働につかされている外国人が多数います。

単純労働は認めないと、言っておきながら、実際には技術研修という名目で安い労賃で単純労働につかせている。こんな姑息なことをずっとやってきたのが日本です。

だからその日本の総理や外務大臣が非道のトランプに文句ひとつも言えないというのを怒っても仕方がないのかもしれません。

もっと前からきちんと私たちが声を上げていれば、こんな時にも堂々と発言ができたはずです。米国大使館の前に日本でも抗議の人が詰めかけました。ニュースで見た限りでは、そこに日本人の姿は見えませんでした。これも恥ずかしい話です。

ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

フェデラー優勝、スポーツを楽しんだ一日

1月30日(月)フェデラー優勝、スポーツを楽しんだ一日

 昨日は時間があったので、ほぼ一日テレビを見ていました。

 朝は、家にいる時は必ず見ている「サンデーモーニング」を見ました。この番組はいつも適切な話題を取り上げ、きちんとした意見が出されるのでとても参考になります。私はとりわけ、岸井さんのコメントが好きです。いつも「全く同感」と言って聞いております。

 その後、BSでボクシングを見ました。ボクシングも好きなスポーツです。命を懸けて殴り合う、それもルールの下に。まさに格闘技の原点だと思っています。

 その後、これも家にいれば必ず見ている囲碁を見ました。大体、途中で出かけなければならず、全部を見ることは出来ないのですが、昨日は最後まで見れました。とんでもない大石が死んでしまうということが起きました。面白かったです。

 囲碁や将棋で最近AIの進歩が凄まじいですが、やはり、棋士の表情を見るのが楽しみで、コンピューターでは表情を見ることが出来ず味気ないと思います。

 その後はラグビーの日本選手権を見ました。ラグビーも好きなスポーツです。ラグビーの魅力は泥臭さです。選手がいいです。ルールが単純なところも魅力です。トライが少ない試合でしたが、十分楽しめました。

 その後は大阪国際女子マラソンとミャンマーで行われていた男子ゴルフを交互に見ました。マラソンもゴルフも両方とも好きですから、時間があれば必ず見ます。

 そして、昨日のメインはなんといっても全豪オープンでした。見るスポーツで一番緊張するのがテニスだと思います。昨日はレジェンドと言われる、フェデラーとナダルが決勝で当たるという歴史的な試合でした。

 二人とも世界4大大会を何度も制している強豪で、しかも二人とも昨年はけがに苦しみ今季の復帰第一戦でした。どちらが好きということはないのですが、昨日に限っては35歳のフェデラーを応援しました。

 二人とも人間業とは思えないプレーの連続で、3時間余りがあっという間にたってしまいました。結果はフェデラーがフルセットの末に勝ちました。テニスでは勝った選手にインタビューをします。そのコメントも楽しみの一つです。

 フェデラーが「テニスは残酷なスポーツで必ず勝者と敗者がいる。できれば今日は引き分けにしたかった」と語っていたのが印象的でした。

 スポーツはいいです。極限まで自分の力を高めていく努力を毎日地道にした人だけに栄冠がもたらされます。また栄冠にまでいたらなくても、その努力は人の胸を打ちます。

 スポーツをするのも楽しみです。体を動かせば気分も頭の働きも増すような気がします。寒中にも関わらず、様々なスポーツが行われ、昨日は水泳で世界新記録まででました。

 それに引き換え、政治はトランプの入国拒否のように、気分を害することが多すぎるように感じます。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

地域の会合に行ってきました。

ファイル 750-1.jpg

1月26日(木)

 今日は秋山地区のご婦人の会に招かれ、行ってまいりました。地元周りをしているときに、地域の集まりがあったら呼んでくださいとお願いしていました。それを受けて先日要望があって、今日に至りました。

 秋山は松戸市の外れの地域にあります。それ故の悩みをいろいろ聞いて参りました。
 まず、皆さんが一番困っているのが、地域の足の問題でした。一番近いバス停が、近くの聖徳大学付属中学高校、小学校のバス停です。
 
 学校のスクールバス的な役割を担っているので、通学時間帯は本数も多いが、昼間の時間帯には本数が少なく不便をしているという話でした。

 また、一番近い電車は北総線の秋山駅で、やはり徒歩で20分以上かかり、雨の日などとても歩いてはいけない距離だということでした。

 若いころは車で自由に行き来できたが、年を取るにつれて車離れがおき、何としても地域の足を確保したいという切実な要望でした。例えば、病院に行くにもタクシーを呼ばなければならず、その費用だけでも大変だという話でした。

 松戸市の他の地域では実施されている循環型のミニバスを何とか走らせてくれないか、というのが一致した要望でした。それがあれば、買い物や病院、駅まで気軽にいくことができ、地域も活性化するのでは、みなさん仰っていました。

 さらに空き家の問題、道路の側溝に詰まったヘドロの処理など、松戸市に要望するにはしているが、中々処理がすぐには行われないなどの悩みも聞いてきました。

 みなさん、色々な要望があるが、中々、聞いてくれる人がいないというのが、本当の悩みのようでした。

 幸い、今日の集まりに来た人は、集まる場所があって、定期的に話をしているということでした。そういう、場所があるだけでも、地域の結びつきが強くなり、人間関係がスムーズになるとつくづく感じました。

 ご意見・ご感想は「zxe04624@nifty.ne.jp」まで

ページ移動